試合

また出直し!:2021シーズン J1リーグ 第12節 ベガルタ仙台 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

ベガルタ仙台 柏レイソル
0 前半
後半
合計

【得点】

ベガルタ仙台
後半23分:西村選手

【選手交代】

ベガルタ仙台
前半20分:赤崎選手⇒氣田選手
後半21分:関口選手⇒フォギーニョ選手
後半21分:加藤選手⇒蜂須賀選手
後半43分:上原選手⇒照山選手

柏レイソル
後半21分:呉屋選手⇒ペドロ ハウル選手
後半21分:椎橋選手⇒ドッジ選手
後半25分:神谷選手⇒アンジェロッティ選手
後半30分:仲間選手⇒イッペイ シノヅカ選手

【スタッツ】

項目 ベガルタ仙台 柏レイソル
ボール支配率(%) 42 58
シュート(本) 10 10
枠内シュート(本) 4 4
走行距離(km) 118.267 114.621
スプリント(回) 208 205
パス(本) 331 536
パス成功率(%) 69.5 76.5
フリーキック(本) 17 16
コーナーキック(本) 3 5

※引用元:Sportsnavi

 

 

【ハイライト】

 

スタメン

フォーメーションは前節同様、3-4-2-1。

前節からはセンターバックが上島選手から大南選手に変わっていました。その他のスタメンは前節の徳島戦と同じでした。

  • フォーメーションは、3-4-2-1
  • センターバックが上島選手から大南選手に
  • その他のスタメンは前節の徳島戦と同様
ベンチメンバー

佐々木選手、上島選手、ヒシャルジソン選手、ドッジ選手、アンジェロッティ選手、イッペイシノヅカ選手、ペドロハウル選手

関連記事:スタメン予想:2021シーズン J1リーグ 第12節 ベガルタ仙台 対 柏レイソル

スタメン予想:2021シーズン J1リーグ 第12節 ベガルタ仙台 対 柏レイソルはじめに 昨日、4月28日(水)にルヴァンカップの横浜FC戦で敗戦となりましたが、明後日、5月1日はベガルタ仙台戦となります。 ...

前半

柏レイソルのキックオフで前半開始。

前半14分
柏レイソルのチャンス。川口選手のパスを受けた北爪選手がダイレクトで江坂選手に。江坂選手が右サイドをドリブルで攻め上がり中に入ってきた北爪選手にパス。北爪選手がペナルティエリア内に侵入しシュートを放つがキーパー正面でゴールならず。

【前半15分経過】
柏レイソルは、この試合も球際は激しい。ベガルタ仙台も前線から守備をしてくる。柏レイソルがボールを保持する展開。連携からゴール前に迫るシーンもありアグレッシブに攻めている。前半10分ごろから柏レイソルがペナルティエリア内に侵入できる回数が増えてきている。

前半20分
柏レイソルのコーナー。神谷選手のコーナーキックに呉屋選手がヘディングで合わせるが、キーパー正面でゴールならず。

【前半30分経過】
柏レイソルがボールを保持するが、仙台も前線からの守備でパスミスを狙ってくる。引水タイム後からは試合の流れが仙台に。仙台が柏ゴールに迫る場面が増え始める。柏レイソルはなかなか攻められなくなってきている。前半30分に近い時間帯では仙台が攻める展開に

ロスタイムは5分
ロスタイムはそのまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • お互いの持ち味を出してきた前半。
  • 前半15分ごろまでは、柏レイソルがボールを保持し仙台ゴールに何度か迫る。ただ、仙台も前線からの守備からの速攻を狙う展開。
  • 前半30分以降は仙台がボールを保持。逆に柏レイソルがカウンターを狙う試合展開。
  • アタッキングサードでの精度が柏レイソルもベガルタ仙台も課題

 

後半

ベガルタ仙台のキックオフで後半開始
両チーム共に選手交代は無し

後半48分
柏レイソルのチャンス。バックパスのミスを呉屋選手が拾いペナルティエリア内に侵入もベガルタ仙台のDFに守られゴールならず。

【後半60分経過】
柏レイソルペースで進んだ15分間、柏レイソルがゴールに迫るがあと1歩のところでシュートまで行かない。セカンドボールも拾えていてよい形はでき始めているので、この時間帯にゴールが欲しいところ。ただベガルタ仙台もカウンターを狙っているので気を付けたい。

後半68分
ベガルタ仙台のチャンス。ベガルタ仙台の左からのクロスに高橋(峻)選手が仙台の選手との接触がありその場で倒れたままだがプレーが続行。その流れからベガルタ仙台の左サイドからのクロスに西村選手がヘディングで合わせ、ベガルタ仙台先制。0-1

【後半75分経過】
柏レイソルペースで進んでいたが、一瞬の守備の乱れを突かれ先制点を奪われる。失点後はベガルタ仙台ペースで試合が進む。逆に柏レイソルはミスが多くなる展開に。

ロスタイムは5分
このまま試合終了で0-1で敗戦

【後半総括】

  • 柏レイソルペースで試合を進めながらもベガルタ仙台に乱れた守備の隙をつかれ先制点を許す
  • 失点後の柏レイソルは、ミス、不要なファールが増えほとんど自滅に近い印象。
  • 逆にベガルタ仙台は試合のペースを掴みそのまま試合終了

 

試合の感想

先制点を取られると残念ながらプレーでのミスが多くなり、逆転できる雰囲気が無い。

前半や後半失点するまでは、アグレッシブに攻め、試合のペースを握っていたと思うのでこの試合での敗戦は、非常に悔しい。

失点シーンは色々な意見があると思うが残念で仕方が無かった。失点後は、ミスや球際の厳しいプレーが逆に仇となり不用意なファールが増える展開。ほとんど自滅な印象。

  • 失点までの試合展開
  • 仲間選手のボール奪取(前半からいいところでボールを奪えていたと思う)
  • 1失点
  • 無得点
  • 失点後のプレー

現状では、残念ながら選手交代で試合の流れを変えるのは難しい。新外国人選手がフィットするまでは、もう少し時間がかかると思う。

悔しい試合を重ねてから3連勝とこれからの巻き返しを期待していたが、悔しい敗戦。正直まだ我慢が必要なのかと思ってしまった。

試合直後は、少し冷静ではいられなかったが、時間がたって少し落ち着いてきた。

敗戦はしたが、前半の流れや失点までの試合展開は、悪くなかったと思う。また出直しという事で、一つずつ勝利を積み重ねていくことを期待したい。

まだまだ連戦が続く。次の水曜日の5月5日は、ルヴァンカップGS浦和レッズ戦となる。GSを突破するには勝ち点3が必要な試合。

また出直しという事で、ルヴァンカップGS突破に向けてまずは浦和レッズ戦での勝利を期待したい。

参考)2021年5月1日時点での柏レイソル暫定順位:13位

関連記事:2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2021 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2021年6月28日 YBCルヴァンカップ 更新日...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください