試合

試合終盤での失点!:2020 J1リーグ第23節 湘南ベルマーレ 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

湘南ベルマーレ 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

湘南ベルマーレ
前半4分:岡本選手
後半33分:松田選手
後半36分:石原選手

柏レイソル
前半22分:オルンガ選手
後半8分:神谷選手

【選手交代】

湘南ベルマーレ
後半17分:茨田選手⇒松田選手
後半17分:田中選手⇒齊藤選手
後半39分:タリク選手⇒岩崎選手
後半39分:石原選手⇒指宿選手
後半48分:畑選手⇒石原選手

柏レイソル
後半0分:三原選手⇒神谷選手
後半34分:江坂選手⇒小林選手
後半39分:仲間選手⇒鵜木選手

【スタッツ】

項目 湘南ベルマーレ 柏レイソル
ボール支配率(%) 51 49
シュート(本) 9 13
枠内シュート(本) 5 6
走行距離(km) 112.3  108.8
スプリント(回) 184  146
パス(本) 372 398
パス成功率(%) 71 71
フリーキック(本) 18 17
コーナーキック(本) 8 4

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

フォーメーションは前節と同様でしたが、少し選手が変わっていました。

右サイドバックは川口選手から北爪選手。左サイドは神谷選手から仲間選手に変更。ここまでスタメンだった古賀選手がベンチ外となっていました。

  • フォーメーションは、4-2-3-1
  • 右サイドバックには北爪選手。左サイドには仲間選手がスタメン
ベンチメンバー

滝本選手、川口選手、小林選手、神谷選手、山崎選手、細谷選手、鵜木選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第23節 湘南ベルマーレ 対 柏レイソ

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第23節 湘南ベルマーレ 対 柏レイソルはじめに 10月16日にルヴァンカップ決勝戦のチケット販売内容についてのお知らせが掲載されていました。ルヴァンカップ決勝戦まで1ヵ月を...

試合前

本日は、BMW スタジアム平塚での試合。本日の試合からアウェイサポーターがスタジアムで観戦できるようになりましたが、引き続きDAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 これからシーズン終盤に差し掛かろうというところでこの90分間で目指すことは勝利で終えること。これまでのしっかりやっているので勝利で終えたい。
湘南ベルマーレ:浮嶋監督 みんなで協力していい戦いをして必ずこのゲーム勝とう。オルンガ選手、江坂選手はJリーグでもトップの能力を持っている選手なので、自由にやらせないことが大切。特別に何かするのではなく、恐れるのではなく倒すというしっかり1対1の対応カバーをやっていくのが大事。

前半

湘南ベルマーレのキックオフで前半開始。

前半4分
早くも試合が動く。湘南のスローインを受けた石原選手から茨田選手へ、茨田選手からダイレクトで岡本選手へ、湘南が右サイドを完全に崩しキーパーと1対1に。角度の無いところからシュートを決め湘南先制。0-1

【前半15分経過】
柏レイソルは試合の入りが悪かった印象。両チームペースを掴む状況もなく前半4分に湘南に先制点を与える。湘南は中盤のプレスがいい。柏レイソルは最終ラインではパスを回せるが、サイドに出すと湘南のプレスが来る。少し雑なクリアとなりセカンドボールを拾えない。前半15分経過したが柏レイソルらしい攻撃はほとんどない。

前半18分
湘南のフリーキック。茨田選手のフリーキックにタリク選手があわせるがゴールキックに。

前半22分
柏レイソルのコーナーキック。クリスティアーノ選手のキックに走りこんだオルンガ選手がヘディングで湘南ゴールに押し込み。柏レイソル同点。1-1

【前半30分経過】
柏レイソルは、コーナーキックで同点に追いつくも試合のペースは掴めていない。最終ラインでのボール回しから先に進めない印象。最終ラインから中盤へのパスミスからピンチになる事多い。前半30分を経過したが、江坂選手がボールを触る回数が少ない印象。試合のペースを握れていない状況。そんな中、三原選手がイエローカードを貰い三原出場停止。

前半43分
柏レイソルの攻撃。ヒシャルジソン選手、仲間選手とつなぎ、左サイドの三丸選手に。三丸選手がクロスを上げるがオルンガ選手にあわず。

前半44分
湘南ゴールキーパーからのパスをヒシャルジソン選手がカットしダイレクトで江坂選手へ、江坂選手がワントラップからシュートを放つがキーパーはじく。弾いたボールをオルンガ選手がヘディングで詰めるがこれも湘南ゴールキーパーの谷選手が弾きレイソル得点ならず。

ロスタイムは3分
ロスタイムはそのまま終了し1-1で前半終了

【前半総括】

  • 柏レイソルは試合の入りがが悪く先制を許すがコーナーで同点に
  • 前半35分すぎまでは湘南ペースで試合が進む。
  • 前半35分すぎ頃から徐々に柏レイソルも攻撃の形を作れるようになり、江坂選手もボールに絡み始めてきた。
  • セカンドボールが湘南に拾われている印象。湘南は体を張って(ぶつけて)守備をしてくるので、少し判断が遅れると詰められる。
  • 悪い中でも同点に追いつけたのは良かった
  • 後半は試合の入り方に気をつけたい。

後半

柏レイソルのキックオフで試合開始
柏レイソルは三原選手 out 神谷選手 in

後半48分
神谷選手からクリスティアーノ選手へ。クリスティアーノ選手がダイレクトで右サイドを抜け出した北爪選手に。北爪選手が江坂選手へ戻し、江坂選手から神谷選手へ、神谷選手が強烈なシュートを放つがゴールキーパーセーブ。後半開始のこの攻撃はいい感じだった。

後半53分
オルンガ選手が湘南陣内で相手DFからボールを奪い江坂選手へパス。江坂選手がためを作り走りこんできた神谷選手に。神谷選手が江坂選手からのパスを冷静に湘南ゴール左すみに流し込み柏レイソル逆転。2-1

【後半60分経過】

柏レイソルは後半開始から選手交代とあわせてフォーメーションを変更を行い柏レイソルペースで試合が進む。後半53分オルンガ選手の守備から神谷選手のシュートで逆転ゴールを奪う。このまま試合のペースを握り追加点を奪えるか。柏レイソルは前線からチャンスが作れてきた印象。

後半73分
湘南の攻撃。坂選手のクロスからヘディングで流れたボールにタリク選手が左足で強烈なシュート。キムスンギュ選手が素早い反応でシュートをキャッチ。ゴールを守る。

【後半75分経過】
後半65分ぐらいから湘南が試合のペースを握る。湘南の攻撃が分厚くなってきた。柏レイソルはクリアが精一杯で攻撃できず防戦一方な展開。柏レイソルは、このまま守れるか。ボールを持っても少しもったいないミスがあるのではっきりプレーしたいところ

後半78分
湘南の攻撃。石原選手のポストプレーから右サイドを抜け出す。岡本選手が高いクロスを上げる。そのクロスをタリク選手がヘディングで中に折り返し、中にいた松田選手が左足でシュート。シュートが柏ゴール左に決まり湘南同点に。2-2

後半81分
湘南のカウンター。右サイドからのクロスをノーマークの石原選手がヘディングで押し込み湘南逆転。2-3

ロスタイムは4分
クリスティアーノ選手のシュートチャンスもあったがゴールならずこのまま試合終了でレイソル逆転負け2-3

【後半総括】

  • 後半60分までは柏レイソルの試合。後半65分以降は湘南の試合。
  • 中盤の攻防で勝てなかったのが敗因か?湘南の気持ちに負けた感じか
  • 試合終盤での失点により逆転されるゲームが多い
  • 正直勝ち点を取りこぼした試合

試合の感想

試合の入り方が悪かったのがそもそもこの試合結果になったかもしれない。

後半選手交代とフォーメーションを変更しての逆転するまでの後半60分までの流れは、さすがネルシーニョ監督の采配だと思った。

後半65分以降は湘南も選手交代で流れを変えて試合のペースを握ったが、柏レイソルは対応することができなかった印象。有効な選手交代も出来なかった。(たらればになるが、大谷選手のような試合を閉めることができる選手がベンチにいたら違ったかもしれない。)

逆転された後の戦い方は、ほとんど攻めることも出来ず湘南に有効に時間を使われ負けパターンの試合展開だった。

  • オルンガ選手、神谷選手の得点
  • 後半開始から後半60分までの試合展開
  • 逆転負け
  • 勝ち点の取りこぼし。
  • 3失点
  • 後半65分以降の戦い方。とくに残り15分の戦い方
  • 逆転された後の戦い方
  • 三原選手次節出場停止

一度逆転していることから勝ち点が欲しかった試合だったと思う。正直悔しさがいっぱいな負け方だった。逆転負けには、またかと本当にがっかりしてしまった。

幸い、次節は5日間後になる。選手達には少し体を休めつつ、ガンバ戦での勝利を期待したい。

毎回、逆転負けはこたえるが、それでも次の試合での勝利を期待し柏レイソルを応援する。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください