試合

今シーズン初のクリーンシート!:2021ルヴァンカップグループステージ第2節 浦和レッズ 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

浦和レッズ 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
後半34分:クリスティアーノ選手

【選手交代】

浦和レッズ
後半0分:田中選手⇒小泉選手
後半0分:伊藤選手⇒汰木選手
後半24分:興梠選手⇒武藤選手
後半35分:伊藤選手⇒阿部選手
後半39分:西選手⇒関根選手

柏レイソル
後半12分:呉屋選手⇒クリスティアーノ選手
後半22分:マテウスサビィオ選手⇒イッペイシノヅカ選手
後半39分:椎橋選手⇒三原選手

【スタッツ】

項目 浦和レッズ 柏レイソル
シュート(本)
オフサイド(回)
フリーキック(本) 12 13
コーナーキック(本) 5
ペナルティキック(本) 0 0

※引用元:Sportsnavi

 

ハイライト

 

スタメン

フォーメーションは、4-3-1-2の形。右サイドバックに大南選手を起用する等、少し意外なスタメンとなりました。

2トップは、呉屋選手と細谷選手。クリスティアーノ選手はベンチスタートとなりました。

  • フォーメーションは、4-3-1-2
  • 細谷選手と呉屋選手の2トップ。
  • 大南選手が右サイドバック
ベンチメンバー

松本選手、高橋(峻)選手、山下選手、三原選手、鵜木選手、イッペイシノヅカ選手、クリスティアーノ選手

関連記事:スタメン予想:2021ルヴァンカップグループステージ第2節 浦和レッズ 対 柏レイソル

スタメン予想:2021ルヴァンカップグループステージ第2節 浦和レッズ 対 柏レイソルはじめに 本日は日韓戦がありました。江坂選手のシュートをキムスンギュ選手がセーブ。見ごたえもある中で、後半は本当に楽しむことができまし...

前半

柏レイソルのキックオフで前半開始

【前半15分経過】
浦和レッズがボールを保持する展開で試合が進む。柏レイソルは、ボールを保持されているものの、守備はきちんとできており、決定的なチャンスは与えていない。時折、柏レイソルも攻撃を仕掛けるがシュートまで行けていない状況。

【前半30分経過】
柏レイソルもボールを保持し始めたが、シュートまでは行かない展開。浦和レッズのミスにも助けられている印象もある。呉屋選手、細谷選手は、浦和センターバックの徹底マークにあっている。神谷選手にあまりボールが渡っていないので、攻撃にもリズムが出来ない。両チームとも少しミスでチャンスをつぶしている感じはする。

前半43分
柏レイソルのチャンス。浦和陣内でボールを奪い、サヴィオ選手から細谷選手へ、ペナルティエリア内で細谷選手がシュートを放つがキーパーセーブ。

ロスタイムは2分
このまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • 開始10分までは、ほとんど浦和レッズがボールを保持する時間帯だったが、決定機与えず
  • 前半30分以降は、レイソルもボールを保持できる時間帯も出来てきたが、シュートまで行かない。
  • どうしても勝負のパスがずれるので決定機を作れない。お互い決定機が無い状況。
  • 1点勝負になりそうな試合展開。

後半

浦和レッズのキックオフで後半開始。
浦和レッズは2人選手交代
柏レイソルは交代なし。

【後半60分経過】
後半に入り、両チームとも奪った後の切り替えが早くはなってきた。また、守備も激しくなってきている。ラストパスのミスが両チームともにありシュートまでは行かない印象。柏レイソルは奪った後のパスが雑なのが少し残念。もう少しボールを大事にしても良いと思う。チャンスがピンチに変わってしまう。

【後半75分経過】
柏レイソルは、浦和陣内でボールを奪えているので、チャンスを作りつつある。後半71分、72分と立て続けにクロスから、細谷選手、椎橋選手がヘディングシュートを放つ。ただ、神谷選手が絡んだチャンスは無いので、作り出したいところ。

後半79分
柏レイソルのコーナーキック。神谷選手の素晴らしいボールに、クリスティアーノ選手がドンピシャでディングで合わせ、ゴールに決める。柏レイソル待望の先制点。1-0

ロスタイムは5分
浦和レッズの猛攻にキーパーの佐々木選手のよいセーブもあり、そのまま試合終了で1-0で勝利。

【後半総括】

  • 後半75分までは、互角な試合展開が続くが、コーナーキックから柏レイソルが先制。
  • そのまま守り切りルヴァンカップ初勝利。
  • 緊張感のある好ゲームではあったが、調子の悪いチーム同士の対戦でもあった印象。(両チームとももったいないミスが多かった印象)

試合の感想

試合全体としては、お互いの守備は見ごたえがあり、緊張感のある試合だった。

どちらが勝利するかわからない展開の中、クリスティアーノ選手の今季初得点は本当に良かった。神谷選手のキックも精度の高いキックだったと思う。

ただ、お互いの守備が良かったこともあるが、流れの中でのもったいないミスは多かった印象がある。

柏レイソルは、中盤で奪っても連携ミスからすぐに相手に渡してしまい、ピンチを招く場面もあった。正直、浦和レッズ側にもミスが多かったので助けられた印象はある。

  • ルヴァンカップ初勝利
  • クリスティアーノ選手の今シーズン初得点
  • 今シーズン初のクリーンシート
  • 佐々木選手のセーブ(初先発でも落ち着いていたと思う)
  • 細谷選手の体を張ったプレー(気持ちも入ってたと思う)
  • 中盤で奪った際のボールロストが多かったところ

クリスティアーノ選手もゴールしたし、クリーンシートでの勝利は、リーグ戦での戦いに繋がる勝利だったと思う。

次回の柏レイソルは、4月3日のリーグ戦。相手は、ルヴァンカップの第1節で敗れている横浜FC戦となる。是非勝利し前回対戦の雪辱を果たしたいところ。

何はともあれ、久しぶりの勝利。やはり柏レイソルの勝利は最高だしうれしい!

 

関連記事:2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2021 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2021年6月28日 YBCルヴァンカップ 更新日...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください