試合

点が取れない!:2021ルヴァンカップグループステージ第1節 柏レイソル 対 横浜FC 試合結果

試合結果

柏レイソル 横浜FC
前半
後半
合計

【得点】

横浜FC
後半6分:伊藤選手

【選手交代】

柏レイソル
前半0分:ヒシャルジソン選手⇒三原選手
後半0分:クリスティアーノ選手⇒イッペイシノヅカ選手
後半20分:大南選手⇒染谷選手
後半24分:瀬川選手⇒鵜木選手

横浜FC
後半22分:松尾選手⇒小川選手
後半31分:武田選手⇒袴田選手
後半31分:齋藤選手⇒クレーぺ選手
後半43分:手塚選手⇒中村選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル 横浜FC
シュート(本) 14 7
オフサイド(回) 1 2
フリーキック(本) 13 19
コーナーキック(本) 5 3
ペナルティキック(本) 0 1

※引用元:Sportsnavi

ハイライト

スタメン

大谷選手の代わりにヒシャルジソン選手が入ったのみで、ほとんどリーグ戦初戦と同様のスタメンでした。

  • フォーメーションは、4-2-1-3(もしくは4-2-2-2ですがSportsnavi掲載のフォーメーションを記載します。)と少しリーグ戦初戦とは変更
  • 瀬川選手と呉屋選手の2トップ気味のフォーメーション
ベンチメンバー

佐々木選手、染谷選手、三丸選手、大谷選手、三原選手、イッペイシノヅカ選手、鵜木選手

関連記事:スタメン予想:2021ルヴァンカップグループステージ第1節 柏レイソル 対 横浜FC

スタメン予想:2021ルヴァンカップグループステージ第1節 柏レイソル 対 横浜FCはじめに 本日から3月に入りました。Jリーグもスタートしサッカー観戦のシーズンがやってきました。 2月27日(土)開催のJリーグ...

 

前半

横浜FCのキックオフで試合開始

前半1分
柏レイソルのチャンス。キムスンギュ選手のフィードを瀬川選手が受けそのまま反転して強烈なドリブルシュートを放つが、キーパー正面

前半7分
柏レイソルのチャンス。スローインの流れから椎橋選手から江坂選手へ。江坂選手のクロスに瀬川選手がオーバーヘッドでシュートを放つがゴール左に外れる。

【前半15分経過】
柏レイソルのペースで試合が進んだ15分。縦のロングフィードより、こまかくボールを繋いでいる。積極的に守備をおこないセカンドボールも拾えている状況。試合の入りは悪くないがシュートが少ないのが気になるところ。ラストパスが合わないのでそこを攻めきれるか。この勢いのまま先制点が欲しいところではある。

前半17分
小林選手のクロスを受けた瀬川選手がペナルティーエリア内に入るも相手DFの守備によりシュートまでいかず。

前半18分
横浜FCのチャンス。高橋(峻)選手のパスをカットされ横浜FCのカウンター。松尾選手がドリブルで攻め上がり最後は杉本選手がシュートを放つが、キムスンギュ選手のナイスセーブでゴールを守る。

【前半30分経過】
前半20分過ぎから横浜FCもボールキープできる展開に。お互いシュートまでは行かない状況。柏レイソルはパスを繋いでゴール付近まで行っているが決定的は作れず。

前半36分
柏レイソルのチャンス。ヒシャルジソン選手が横浜FC陣内でパスカット。椎橋選手がそのままドリブルでシュートを放つがゴール左に外れる。

前半44分
柏レイソルの決定的チャンス。江坂選手のグラウンダーのクロスを瀬川選手がキープ。DFをうまくかわしシュートを放つがゴール枠を外れる。

ロスタイムは2分
このまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • 柏レイソルは試合の入りが良く、柏レイソルペースで試合が進む
  • 前半20分過ぎから横浜FCも徐々にボールを保持でき始める。
  • 前半30分頃まではシュートを打てなかったが、徐々に柏レイソルもシュートまで行くように
  • 柏レイソルはセカンドボールが拾えるため分厚い攻撃が出来ている。
  • 前半44分の決定的チャンスは決めたかった。
  • 1本のパスでピンチにもなる雰囲気もあるためここには注意が必要
  • 前半としては、良かったが欲を言えば1点欲しかった前半。

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始。
柏レイソルは2名の選手交代。ヒシャルジソン選手⇒三原選手、クリスティアーノ選手⇒イッペイシノヅカ選手

後半51分
横浜FCのチャンス。武田選手のクロスに伊藤選手が走りこむ。伊藤選手にチャレンジした上島選手のプレーがファイルでPKの判定。PKを伊藤選手が決め、横浜FC先制

【後半60分経過】
後半は横浜FCがセカンドボールを拾いペースを握る。その流れのままPKを取れら失点。失点後も横浜FCペースで進んでいるので柏レイソルは立て直したいところ。ボールを保持できなくなってきた。厳しい試合展開が続く。

【後半75分経過】
60分過ぎからは徐々に柏レイソルが攻め込む時間帯が増えてきたが、決定機は作れない状況。1点返すことができるか、ここからが勝負。

後半75分以降
この後は、椎橋選手のシュート、江坂選手のシュートなど柏レイソルが攻める時間帯が続くが得点は奪えず。

ロスタイムは4分
そのまま試合終了で0-1で敗戦。

【後半総括】

  • 後半開始早々試合展開が悪くそのままの流れでPKを取られる。
  • 後半60分以降は攻めるも決定機を作れ無い展開が続く。
  • ボールは保持できていて攻めてはいるが、シュートが入らない

試合の感想

後半の入り方が悪かったところでの失点。流れが良い時に点が取れないとやはり試合には勝てないという事だと思う。

PKでの失点以外、横浜FCに崩されたような展開は無かったと思うので、反省は必要だが必要以上に悲観的にはなってはいない。

ただ、2試合連続の敗戦及び無失点は非常に気になる。1点が取れない試合展開が続いたのは正直見ていても厳しい。

  • キムスンギュ選手のセーブ(今日も前半でのセーブに助けられたと思う)
  • 2連敗
  • 無得点
  • クリスティアーノ選手の怪我
  • 上島選手のPKを与えた守備

正直スタートダッシュに成功したとは言えない開幕を迎えているが、昨シーズンも中断期間明けは、3連敗とスタートダッシュが良かったわけでは無い。

連敗でよいわけがないが、あまり悲観的には今のところなっていない。ただ、早く1点、そして勝利を見たいのは正直な気持ちでもある。

今週末すぐに試合がある。気持ちを切り替えて次節は勝利をつかんで欲しい。

関連記事:2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2021 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2021年10月2日 YBCルヴァンカップ 更新日...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください