試合

勝点1を積み上げ:2021シーズン J1リーグ 第15節 横浜F・マリノス 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

横浜F・マリノス 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

横浜F・マリノス
後半86分:松原選手

柏レイソル
後半84分:イッペイシノヅカ選手

【選手交代】

横浜F・マリノス
後半25分:マルコス ジュニオール選手⇒水沼選手
後半25分:エウベル選手⇒レオ セアラ選手
後半35分:前田選手⇒渡辺選手
後半35分:オナイウ 阿道選手⇒仲川選手

柏レイソル
後半32分:細谷選手⇒アンジェロッティ選手
後半32分:神谷選手⇒イッペイ シノヅカ選手
後半42分:椎橋選手⇒ヒシャルジソン選手
後半48分:ドッジ選手⇒三原選手

【スタッツ】

項目 横浜F・マリノス 柏レイソル
ボール支配率(%) 63 37
シュート(本) 11 14
枠内シュート(本) 3 4
走行距離(km) 123.237 119.329
スプリント(回) 224 169
パス(本) 768 323
パス成功率(%) 86.8 73.4
フリーキック(本) 16 15
コーナーキック(本) 3 4

※引用元:Sportsnavi

ハイライト

 

スタメン

フォーメーションは、大きく変更してきました。4-4-2のフォーメーション。

2トップには、細谷選手と江坂選手。DFラインは、古賀選手、大南選手、上島選手、川口選手の並び。

  • フォーメーションは、4-4-2
  • 2トップには、細谷選手と江坂選手
  • DFラインは、古賀選手、大南選手、上島選手、川口選手の並び
ベンチメンバー

佐々木選手、三丸選手、山下選手、ヒシャルジソン選手、三原選手、イッペイシノヅカ選手、アンジェロッティ選手

関連記事:スタメン予想:2021シーズン J1リーグ 第15節 横浜F・マリノス 対 柏レイソル

スタメン予想:2021シーズン J1リーグ 第15節 横浜F・マリノス 対 柏レイソルはじめに 残念ながら昨日の敗戦でルヴァンカップグループステージ敗退が決まってしましたが、リーグ戦はまだまだ続きます。 前半戦の折...

前半

柏レイソルのキックオフで前半開始。

【前半15分経過】

試合開始早々マリノスが攻める展開が続く。ただ試合展開としては、攻守の切り替えが早い。柏レイソルは、DFラインの裏を狙う攻め。マリノスのプレスが早いので、柏レイソルは奪っても連携ミスが多い。早くも我慢の試合展開となる。

前半22分
柏レイソルのチャンス。細谷選手がマリノスDF陣の裏へ抜け出しかけたが、チアゴ マルチンスのファールを受ける。フリーキックを江坂選手が左足でゴール右隅を狙うが惜しくも外れる。

【前半30分経過】
マリノスは両サイドの前田選手、エウベル選手のスピードを活かした攻撃を展開。柏レイソルは、古賀選手の縦パスから江坂選手へのパスがチャンスになる印象。前半15分近くからは少し試合が落ち着いてきている。柏レイソルはボールを奪ってからも繋げるようになり、チャンスも増えてきた。

ロスタイムは3分
ロスタイムはそのまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • マリノスがボールを保持する展開も柏レイソルもきちんと守れている。
  • 柏レイソルも時折ショートカウンターで攻め、チャンスを作る。何度かチャンスがあったので出来ればゴールが欲しかったが、後半に期待。
  • マリノスのダイレクトパスで繋がれると崩されそうになるが、柏レイソルは粘り強く守っている。
  • どちらかといえばレイソルのイメージした通りの試合展開
  • 後半は、守備はこのまま、後は点を取れるか

 

後半

横浜F・マリノスのキックオフで後半開始
両チームとも選手交代なし。

【後半60分経過】
後半もマリノスがボールを握る展開が続く。柏レイソルも前線の細谷選手、江坂選手を含め、前線から連動して守れているが少し疲れも感じる。まだまだどうなるかわからない試合展開。柏レイソルは先制点が欲しいところ

後半70分
柏レイソル決定機を迎える。椎橋選手のダイレクトパスからチャンスに。仲間選手が抜け出し中へ折り返す。神谷選手がフリーでシュートを放つがキーパー正面でゴールならず。

【後半75分経過】
柏レイソルは守備から良いカウンターでの攻めが出来ているが最後のところで点が取れない。守備は出来ているのでこのまま守り切り、点を取りたいところ。両チームとも選手交代があり残り15分勝負の時間。

後半82分
柏レイソルのチャンス。スローインの流れから、仲間選手がクロスを上げ、イッペイシノヅカ選手がスライディングで合わせ、柏レイソル待望の先制点を奪う。1-0

後半86分
マリノスのチャンス。仲川選手から松原選手へ、松原選手のロングシュートがゴールに決まり。横浜F・マリノス同点。1-1

ロスタイムは4分
このまま試合終了。1-1

【後半総括】

  • 後半もマリノスがボールを保持する展開も柏レイソルは粘り強く守備は出来ていた。
  • 柏レイソルが粘り強く守りながら、後半84分にイッペイシノヅカ選手のゴールで先制
  • 後半86分の松原選手のゴールはシュートが良すぎた。

 

試合の感想

良い時間帯で先制点を奪えたこともあり、正直勝利が欲しかったところだが、勝点1を取れたことは良かったと思う。

終始ボールを保持されていたが、柏レイソルは前線から本当に良く守っていたと思う。松原選手のゴールは、シュートが良すぎたので仕方なしと思える。

  • 勝点1を積み上げ
  • イッペイシノヅカ選手のゴール
  • 先制点!
  • 試合全体を通して良く守備が出来ていた。
  • 1失点(ただ、このゴールは仕方なし)
  • 先制後の時間の使い方。(簡単に相手に渡しすぎの印象)

試合内容としても悪くなく、次につながる勝点1だと思いたい!

上位チーム相手に守備が出来ていたことは前向きにとらえ、今後の試合にも期待したい。

5月26日の水曜日には、ヴィッセル神戸戦となる。今日の試合のように粘り強く守り、次こそ勝利を期待したい

 

参考)2021年5月22日時点での柏レイソル暫定順位:15位

関連記事:2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2021 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2021年9月13日 YBCルヴァンカップ 更新日...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください