試合

耐えて得た勝ち点1!:2020 J1リーグ第9節 横浜F・マリノス 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

横浜F・マリノス 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

横浜F・マリノス
後半33分:オナイウ 阿道選手

柏レイソル
後半17分:オルンガ選手

【選手交代】

横浜F・マリノス
後半0分:水沼選手⇒大津選手
後半15分:マルコス ジュニオール選手⇒扇原選手
後半15分:エリキ選手⇒松田選手
後半15分:エジガル ジュニオ選手⇒オナイウ 阿道選手
後半43分:天野選手⇒渡辺選手

柏レイソル
前半41分:山下選手⇒川口選手
後半0分:瀬川選手⇒戸嶋選手
後半28分:ヒシャルジソン選手⇒三原選手
後半28分:仲間選手⇒呉屋選手
後半43分:江坂選手⇒高橋選手

【スタッツ】

項目 横浜F・マリノス 柏レイソル
ボール支配率(%) 65 35
シュート(本) 17 11
枠内シュート(本) 5 3
走行距離(km) 118.5   111.4
スプリント(回) 147  123
パス(本) 788 262
パス成功率(%) 87 71
フリーキック(本) 24 13
コーナーキック(本) 7 7

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

珍しくスタメン予測が当たりました。とはいっても前節と同様のスタメンでした。ベンチメンバーは、キムスンギュ選手から滝本選手に変更していました。

  • フォーメーションは、4-2-3-1
  • 前節と同様のスタメンです。
ベンチメンバー

滝本選手、高橋(峻)選手、川口選手、三原選手、戸嶋選手、山崎選手、呉屋選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第9節 横浜F・マリノス 対 柏レイソル

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第9節 横浜F・マリノス 対 柏レイソルはじめに ルヴァンカップも合わせると公式戦5連勝と好調の柏レイソル。 いよいよ明後日は、昨シーズンのチャンピオンチームである横浜...

試合前

本日は、日産スタジアムでの試合という事でDAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 グループ戦術、個人戦術ともに我々のスタンダードを継続してやっていくと、今日もマリノス相手に試合を行うわけだが、入りからいいテンポでゲームに入れるようにそこにつきると思います。
横浜F・マリノス:アンジェ ポステコグルー監督 しっかりと戦える11人をしっかりと選んでピッチに送り出そうと考えているので、楽しみにしている。

前半

横浜F・マリノスのキックオフで試合開始

前半3分
マリノスの早い攻撃。早めのクロスがノーマークのエリキ選手にわたる。エリキ選手がラストパスを送るが、山下選手がナイスクリアでピンチをしのぐ。

前半5分
オフサイドギリギリで抜け出したオルンガ選手がそのままドリブルで持ち込みシュートを放つが、相手GKが弾きコーナーキックに

前半9分
マリノスのスローインから仲間選手がカットしオルンガ選手へ、オルンガ選手からパスを受けた江坂選手がシュートを放つが、相手GK正面

前半12分
レイソルカウンター。ヒシャルジソン選手が前線のオルンガ選手へ。オルンガ選手がドリブルで持ち込みシュートを放つが、相手DFがブロック

前半13分
柏レイソルのコーナーをマリノスのGKがはじき、こぼれたボールを江坂選手が拾いクロスを入れるが、山下選手のヘディングはゴール右に外れる。

【前半15分経過】
どちらかといえばマリノスがボールを持つ時間が多かった15分。ただレイソルも守備のブロックができている。またカウンターやオルンガ選手の個の力でシュートまで持っていけている。少しマリノスペースになる筒あるが、まだまだわからない展開

前半22分
マリノスの早いパス回し。ティーラトン選手からペナルティエリア内の天野選手へ。天野選手が反転し強烈シュートを放つが、中村選手のセーブでゴールを守る。

前半23分
江坂選手からボールを受けたオルンガ選手がペナルティエリア内でシュートを放つが相手GK正面でゴールならず。

前半25分
瀬川選手がボールを奪われレイソルピンチに。マルコスジュニオール選手の浮き球のパスを天野選手が折り返しエリキ選手がゴールネットを揺らすがオフサイドの判定。(柏レイソルとしては助かった)

【前半30分経過】
引き続きマリノスがボールをキープする展開が続く。ワンツーで抜け出したり、うまく体を反転させてボールを運んだりしてマリノスのボール回しが非常に早くうまい。柏レイソルのディフェンス陣も体を張って防いでいるが、少し崩されかける場面が出てきてる。なんとかしのいで欲しい。本日は前節と違い引水タイム後も流れが変わらず我慢の時間が続く。

前半36分
左サイドをエリキ選手が抜け出し、クロスを入れるが水沼選手へつながらず。柏レイソルは助かる。

前半41分
山下選手負傷。川口選手が入る。右サイドに入ると思ったが、山下選手のポジションそのままセンターバックに入る。(少し驚いた)

前半44分
エリキ選手のドリブルからマルコスジュニオール選手へ、マルコスジュニオール選手が強烈なロングスートを放つが中村選手がしっかりはじく。

ロスタイムは3分
そのまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • 押し込まれる展開が続く
  • セカンドボールもマリノスがひろう展開
  • マリノスのパスも早いし選手の動きもいいのでマリノスの攻撃が続く
  • 30分すぎからはほとんどチャンスも掴めず押し込まれる展開
  • 山下選手の怪我とアクシデントもありレイソルとしては厳しい前半
  • ただ、そんな状態でも耐えて無失点で抑えたのはよかった

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始。両チームとも1人づつ選手交代を実施

後半47分
川口選手のフィードに江坂選手が抜け出すが相手GKの朴選手が江坂選手を倒しレイソルのフリーキック。一瞬DOGSOが頭をよぎったが、ゴールからの距離、プレーの方向などを考えるとSPA(スパ)どまりか?

後半48分
柏レイソルのコーナー。三丸選手のボールにファーにいた川口選手がヘディングで合わせるがゴール右にそれる。

後半56分
レイソルのゴールキックの流れからレイソルの速攻。オルンガ選手のポストプレーから戸嶋選手がボールを受けマリノス陣内へドリブル。仲間選手にパスを出し、最後は仲間選手がシュートを放つが相手DFのブロックにあう。

【後半60分経過】
選手交代でフォーメーションの変更により、守備が安定してきたこともありレイソルがマリノス陣内まで攻め込めるようになってきた。

後半61分
大南選手のフィードに対して松原選手がバックパスミス。オルンガ選手がミスを見逃さず素早くボールを奪いそのままドリブルで持ち込み最後は右足の強烈なシュートでゴールを奪う。劣勢の中、前節に引き続き柏レイソル先制。オルンガ選手5試合連続ゴール。1-0

後半66分
マリノスのパス回しの流れから左サイドを突破され、グラウンダーでゴール前に折り返されるが天野選手にはうまく合わずレイソルピンチを凌ぐ

【後半75分経過】
マリノスに攻め込まれる状況が続いた15分。そんな中、相手のミスもあったが、オルンガ選手の個人技でレイソル先制。その後もマリノスに攻め込まれるが何とか無失点でしのいでいる状況

後半77分
左サイドでパスを受けたオナイウ選手が天野選手を経由してペナルティエリア内でパスを受けそのままシュートを放つ。このシュートがゴールに決まり、マリノス同点に追いつく。1-1

後半82分
オナイウ選手、ティーラトン選手とつなぎ、大津選手へ。右サイドから大津選手がいいクロスを入れるが、三丸選手がクリアでコーナーに逃れる。

後半85分
大谷選手が上手く反転し、レイソル速攻。大谷選手からパスを受けたオルンガ選手が素早く呉屋選手へパスを送るが、呉屋選手がつぶされ残念ながらチャンスにならず。

後半88分
戸嶋選手からパスを受けた呉屋選手が上手く反転しレイソル速攻。高橋(峻)選手のクロスは、ファーのオルンガ選手には合わず。マリノスDFがコーナーに逃れる。

ロスタイムは5分

後半93分
センターサークル付近でファールを受けた呉屋選手が素早いリスタート。高橋(峻)選手が中に入れるがマリノスDFがクリアでオルンガ選手には渡らず。

その後、2度ほどレイソルのコーナーがあったがゴールならず1-1で試合終了。

【後半総括】

  • 見ごたえのあった後半
  • 後半開始早々はォーメーションを変更したレイソルが攻撃を仕掛ける
  • 相手のミスをつきオルンガが先制。
  • その後は、マリノスに押し込まれ、我慢して良く守っていたが、オナイウ選手にゴールを決められ同点に
  • その後はマリノスの攻撃を耐えながらもカウンターを狙うが、追加点にはならず1-1で試合終了

試合の感想

さすがは昨年度のチャンピオンチーム。

仲川選手を怪我で欠くものの、連携が素晴らしくスタッツでもわかるように、約3倍のパスを回されるほど横浜F・マリノスの連携は素晴らしかった。

だが、柏レイソルもオルンガ選手の個の力による得点で4試合連続ゴール。守備に多くの時間がとられながらも試合終盤には、したたかにカウンターを狙うプレーは、非常に良かった。

最終的には引き分けの結果になったが、アウェイ、試合内容を見ると結果としては勝ち点1をもぎ取ったといえる。

  • オルンガ選手の5試合連続ゴール
  • 勝ち点1を獲得
  • 同点に追いつかれ、横浜F・マリノスのペースになったもののその後崩れることなく同点で試合を終えた。
  • 山下選手の怪我。
  • 大南選手の怪我の具合が心配
  • クリスティアーノ選手がベンチ外

来週には、セレッソ大阪との戦いが待っている。

連勝は途切れてしまったが敗戦したわけでは無いし、試合内容としては悪かったわけでは無い。上位陣との戦いが続くが引き続き好調を維持し、勝利を掴んで欲しい。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください