試合

完敗:2020 J1リーグ第3節 柏レイソル 対 横浜FC 試合結果

試合結果

柏レイソル 横浜FC
前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
前半44分:呉屋選手

横浜FC
前半21分:斉藤選手
後半2分:松浦選手
後半40分:オウンゴール

【選手交代】

柏レイソル
前半28分:小林選手⇒神谷選手
後半17分:高橋(峻)選手⇒北爪選手
後半17分:山下選手⇒高橋(祐)選手
後半28分:瀬川選手⇒マテウス サヴィオ選手
後半28分:呉屋選手⇒ジュニオール サントス選手

横浜FC
後半6分:マギーニョ⇒中山選手
後半34分:斉藤(光)選手⇒齋藤(功)選手
後半39分:志知選手⇒袴田選手
後半39分:一美選手⇒皆川選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル 横浜FC
ボール支配率(%) 49 51
シュート(本) 14 4
枠内シュート(本) 4 2
走行距離(km) 108.3 111.1
スプリント(回) 160 148
パス(本) 443 469
パス成功率(%) 77 81
フリーキック(本) 14 10
コーナーキック(本) 7 1

※引用元:Sportsnavi

ハイライト

スタメン

前節より少しポジションと選手を変更してきました。クリスティアーノ選手と三原選手は相変わらずベンチ外

  • フォーメーションは、4-3-1-2(中盤はダイヤモンド型に近い感じ)
  • 呉屋選手とオルンガ選手のツートップ
  • 右サイドに小林祐介選手が入っていました。
  • ディフェンダーには山下選手が入っていました。
ベンチメンバー

中村選手、北爪選手、高橋(祐)選手、大谷選手、神谷選手、ジュニオールサントス選手、マテウスサビィオ選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第3節 柏レイソル 対 横浜FC

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第3節 柏レイソル 対 横浜FCはじめに いよいよ、明後日(7月8日)は、横浜FC戦となります。 先週のFC東京戦の余韻もまだ少し残っていますが、早くも試合が行...

試合前

本日も、リモートマッチという事もありDAZNでの観戦。試合前の両チームの監督コメントは以下の通り

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 横浜の監督である下平監督は、基本的に4バックで戦う事をやってきたが、その中で3バックに変えてきた。当然ながら必要に応じたシステム変更だとは思うが、今週、3バックを想定して準備をしてきたので、勝利を収めるようにしていきたい
横浜FC:下平監督 前節はカウンターで失点が多かったので、そこの修正してきた。いい形でできている部分があるので継続して積み上げていきたいという狙いがある。

前半

柏レイソルのキックオフで試合開始

前半2分
瀬川選手ファールでいきなりイエローカードを貰う。

前半3分
横浜FC陣内で小林選手がボール奪取から呉屋選手へ呉屋選手のロングシュートは枠に飛んだがキーパーが弾いてコーナーキックに

前半5分
古賀選手のボール奪取から江坂選手へ、江坂選手から呉屋選手にわたり呉屋選手のシュートも枠を外れる。

前半15分
相手DFのバックパスのミスをつき、呉屋選手がシュートを放つが相手キーパー弾き、ゴールならず。

【前半15分経過】
ボール奪取が続き、柏レイソル側が何度かチャンスを掴むがレイソルペースにはまだなっていない印象

前半17分
小林選手のクロスを受けた瀬川選手がペナルティーエリア内に入るも相手DFの守備によりシュートまでいかず。

前半18分
江坂選手のクロスを呉屋選手がヘディングシュートを放つが、惜しくもポスト。ポストの跳ね返りをオルンガ選手がヘディングシュートを放つがゴール枠を外し、決定機を逃す

前半21分
レイソル陣内で戸嶋選手がボールを奪われ、横浜FC素早いカウンター。斉藤選手が抜け出し、落ち着いてゴールを決め横浜FCが先制。横浜FCワンチャンスをものにする。

前半23分
瀬川選手のクロスから呉屋選手のボレー。クリアボールをレイソルが拾い瀬川選手がペナルティーエリアに入りシュートを放つも、相手DFクリア

前半26分
横浜FCの志知選手が柏レイソルペナルティエリア内に入られるが、高橋(峻)選手のナイスディフェンスで相手選手のファールをもらう。

【前半30分経過】
先制点を許し、早くも選手交代を実施し流れを掴みたいところだが、なかなか流れがつかめない。横浜FCはカウンターを狙っている感じ。ビルドアップ時は3バックのようで、いつもより枚数が少ないせいか繋ぎがうまくいっていない印象

前半33分
柏レイソルの攻撃の流れから、神谷選手がドリブルでペナルティーエリア内からシュートを放つがゴール枠を外れる。

前半35分
江坂選手から呉屋選手へ早いクロスが入るが、呉屋選手に合わず。そのまま流れゴールキックに。

前半42分
横浜FCのコーナーキック。競り合いから横浜FCの選手がゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定。(少しびっくりした)

前半43分
神谷選手のクロスに呉屋選手が合わせ、ゴールポストに当たりながらもゴール。柏レイソル同点

ロスタイムは2分
ロスタイムに柏レイソルのフリーキックがあったが得点にはならず、ロスタイムはそのまま1-1で前半終了

【前半総括】

  • フォーメーションのせいもあるがビルドアップが危なっかしい。
  • チャンスはレイソルの方があったが、どちらかと言えば横浜FCの方が自分たちのサッカーをしている感じ
  • 横浜先制後は、選手交代もありアグレッシブに攻め込む。流れがなかなか掴めない感じだが、呉屋選手のヘッドが決まりなんとか同点で前半終了

後半

横浜FCのキックオフで後半開始。両チームともメンバー交代は無し。

後半47分
一度は古賀選手のシュートブロックでゴールを防ぐが、横浜FC松浦選手のシュートが決まり、横浜FC追加点

後半55分
神谷選手から江坂選手へ、江坂選手からオルンガ選手へ渡り、オルンガ選手がシュートを放つが、相手DFのブロックでコーナーキックに

【後半60分経過】
横浜FCが追加点でリードしていることもあり横浜FCペースで試合が進む。柏レイソルはボールが奪えない状況が続く。柏レイソルは横浜FCのハイプレスに苦しみボールが繋げない状況。

後半72分
柏レイソルのカウンターになりかけるも瀬川選手のパスは精度が悪くチャンスならず。(もったいない)

後半74分
柏レイソルのコーナーキック。コーナーキックからのクリアボールをサヴィオ選手がシュートはなつもゴール枠をはずれる。

後半75分
ペナルティーエリア内でマテウスサビィオ選手の腕に当たったと思われたが、ハンドにはならずプレー続行(VARがあったらPKだったか?)

【後半75分経過】
選手交代で流れを掴みたいところだが、横浜FCの守備意識が高くプレッシャーも早いのでレイソルは落ち着いてプレーできていない。攻撃も同様にうまくできていない。逆に横浜FCの攻撃はパスも繋がりうまく行っている状況。かなり苦しい展開が続く

後半77分
神谷選手がペナルティーエリア内にはいり、ラストパスを送るが、ジュニオールサントス選手のシュートは弱く、オルンガ選手のシュートはポストに当たり、ジュニオールサントス選手がシュートを打とうとするが相手DFに防がれ、ゴールならず。

後半85分
横浜FCの早いグラウンダーのフリーキックを染谷選手クリアできず、オウンゴールに。柏レイソル痛恨の失点

ロスタイムは5分
前節同様に相手チームに上手く時間を使われ、そのまま試合終了

【後半総括】
早い時間帯で失点により、すべてが後手後手になった印象。横浜FCのパスや動きは良かったが、逆に柏レイソル側は横浜FCの早いプレッシャーに上手く対応できていなかった。横浜FCがやりたい試合になっていた。

試合の感想

完敗!試合終了直後の印象。残念ながらボールキープ ルーズボールへの反応全て横浜FCの選手が上回っていたと思う。(特に後半は)

前半に相手の戦術に合わせすぎたため自分たちのサッカーが出来なかった印象。選手交代により流れを変えようとはしていたが、横浜FCの選手たちの方が動きが良く変えられなかったように感じた。

相性はあまり考えたくはないが、やはりネルシーニョ監督は下平監督には勝てないのか

  • 呉屋選手の得点
  • 北爪選手のレイソル初出場(動きもよかったと思う)
  • 複数失点。
  • 2連敗。
  • 相手に合わせて抑えるつもりが相手の思い通りになってしまった戦術
  • クリスティアーノ選手と三原選手の状態がベンチ外(残念というよりは心配)

すべてが悪かったとは思えないが、試合内容としては見ていてフラストレーションがたまる内容だったとは思う。

今週末すぐに試合があるので、切り替えて次節は勝利をつかんで欲しい。

2連敗は悔しすぎる!

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください