試合

ルヴァンカップ敗退!:2022ルヴァンカップグループステージ 第6節 柏レイソル 対 京都サンガF.C.

はじめに

どうも!Taruta(たるた)です。

今日も仕事で色々ありました。柏レイソルもグループリーグ敗退が決まり気持ちが沈んでいます。

今週は、中々上向きにならない感じですかね。そんな週もあるので開き直って残りの日にちを乗り換えたいと思います。

皆さんはどのような一日を過ごしましたか?良い一日を過ごせていれば幸いです。

それでは本題。

本日行われた2022シーズン ルヴァンカップGS 第6節 柏レイソル 対 京都サンガF.C.の試合結果をまとめますので参考にして頂ければと思います。

試合結果

柏レイソル 京都サンガF.C.
前半 0
後半
合計 1

【得点】

京都サンガF.C.
後半28分:大前選手

【選手交代】

柏レイソル
後半0分:加藤選手⇒椎橋選手
後半0分:落合選手⇒森選手
後半24分:升掛選手⇒鵜木選手
後半29分:中村選手⇒大谷選手
後半33分:土屋選手⇒大南選手

京都サンガF.C.
後半0分:山崎選手⇒イスマイラ選手
後半12分:中野選手⇒福岡選手
後半22分:長井選手⇒荒木選手
後半22分:本多選手⇒大前選手
後半22分:田中選手⇒豊川選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル 京都サンガF.C.
シュート(本) 8 14
オフサイド(回) 1 0
フリーキック(本) 15 17
コーナーキック(本) 5 3
ペナルティキック(本)

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

  • リーグ戦から全選手入れ替えてきました。
  • フォーメーションは、3-5-2
  • 升掛選手と落合選手の2トップ
  • 2列目は中村選手、ドッジ選手
  • 両サイドには、岩下選手、北爪選手
  • アンカーの位置に、加藤選手
  • 3バックは、田中選手、染谷選手、土屋選手
  • キーパーは佐々木選手

 

ベンチメンバー

松本選手、大南選手、古賀選手、椎橋選手、大谷選手、鵜木選手、森選手

関連記事:スタメン予想:2022ルヴァンカップグループステージ 第6節 柏レイソル 対 京都サンガF.C.

スタメン予想:2022ルヴァンカップグループステージ 第6節 柏レイソル 対 京都サンガF.C.はじめに どうも!Taruta(たるた)です。 本日は柏レイソルのお知らせがあったので2つめの記事になります。本日のあいさつは、...

 

前半

柏レイソルのキックオフで前半開始

【前半15分経過】
攻めと守りを繰り返す試合展開。少し柏レイソルが押しこんでいる印象。中盤でも奪えている。決定機は作れていないが良い攻めをしている印象。悪くない15分間

【前半30分経過】
柏レイソルとしては少し守りの時間が増えたてきている。ただ守備は、しっかり守れてる。攻められつつも1本良い速攻で惜しい場面を作る。ただ全体的にシュートが少ない印象。コーナーキックやセットプレーが何回かあったが、活かす事は出来なかった。

ロスタイムは0分
このまま前半終了。

【前半総括】

  • 最初の15分は若干柏レイソルの押し気味だが攻めと攻撃を繰り返す展開。
  • 次の15分は柏レイソルにセットプレーが増え押し込んだが決定機は作れず。
  • 最後の15分は、京都が猛攻を仕掛け柏レイソルとしては耐える時間が多かった。
  • 攻めているもののシュートまで行けない展開が続いているのでシュートまで行きたいところ

 

後半

京都のキックオフで後半開始
柏レイソルは 椎橋選手、森選手 in 加藤選手、落合選手 out
京都も1名選手交代

【後半60分経過】
京都の優勢で進んだ15分間。後半開始早々に危ないシーンもありひやっとした。その後も京都が攻める展開ではあったが、1本のパスに抜け出した升掛選手の粘り強いドリブルから一時柏レイソルの流れに。この流れで点が欲しいところ。

後半73分
京都のカウンター柏レイソルの右サイドを荒木選手が攻め中央の大前選手に。大前選手がゴールを決め京都先制。0-1

【後半75分経過】
少し試合は膠着状態が続いていたが、徐々に京都のカウンターが鋭くなってきていた。その中鋭いカウンターをくらい京都に先制点を許す。残り15分で追いつけるか

ロスタイムは4分
このまま試合終了。0-1で敗戦

【後半総括】

  • 後半開始から京都が攻める展開が続く。
  • 京都のカウンターが鋭くなってきた中で失点
  • 残り時間を攻め続けたが追いつけず敗戦。

 

試合の感想

残念ながら本日の敗戦でルヴァンカップグループステージ敗退が決まった。

何とも悔しい敗戦。ガンバ戦に引き続き無得点。またしても決定力の差での敗戦。

全く攻められないわけでは無く、今日も点が取れそうな場面もあったが、最後のところで得点を奪う事が出来なった。

  • 得点は取れなかったが、加藤選手を起点とした連携は良かったと思う。(パスも繋がっていた)
  • 升掛選手の粘り強いドリブルとポストプレーも出来ていたと思う。
  • 無得点!
  • ルヴァンカップ敗退
  • 多くの本数あったがセットプレー(コーナーキック)を活かせなかった

3試合連続無得点。次こそは得点を奪い勝利することを期待したい。

今シーズンのルヴァンカップ敗戦は大変残念ではあるが、リーグ戦は続くので気持ちを切り替えていきたい。

次回の柏レイソルは、土曜日にアウェイのFC東京戦となる。難しい戦いになると思うが上位に食らいつていくためにも柏レイソル勝利を期待したい。

最後まで内容を確認して頂き、ありがとうございます。

これからも色々あると思いますが、Jリーグが継続して試合ができていることに感謝しつつ、引き続き柏レイソルを応援していきたいと思います。

関連記事:2022シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2022シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2022 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2022年6月25日 YBCルヴァンカップ ...

▶Jリーグ観るならDAZNで!!

DAZN
ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください