試合

スコアレスドロー!:2022シーズン J1リーグ 第12節 柏レイソル 対 浦和レッズ 試合結果

はじめに

どうも!Taruta(たるた)です。

今日は柏レイソルの試合をスタジアムで観戦。自衛隊車両を見たり、「レイソル30thギャラリー」を見たり、試合前から充実した時間を過ごしました。

浦和レッズとの対戦ということもあり観客数が、13,418人と多く今シーズン最高の観客数だったのではないでしょうか

多くの方が観戦に来ていたこともあり、試合前のスタジアムの雰囲気は活気があったように感じます。

皆さんはどう感じましたか?試合を楽しんでスタジアムを後にされていれば幸いです。

それでは本題。

本日行われた2022シーズン J1リーグ 第12節 柏レイソル 対 浦和レッズの試合結果をまとめますので参考にして頂ければと思います。

試合結果

柏レイソル 浦和レッズ
前半
後半
合計

【選手交代】

柏レイソル
後半18分:中村選手⇒小屋松選手
後半34分:森選手⇒アンジェロッティ
後半38分:マテウスサヴィオ選手⇒戸嶋選手

浦和レッズ
後半23分:平野選手⇒伊藤選手
後半23分:ダヴィド モーベルグ選手⇒松尾選手
後半36分:アレックス シャルク選手⇒小泉選手
後半36分:馬渡選手⇒宮本選手
後半39分:関根選手⇒松崎選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル 浦和レッズ
ボール支配率(%) 36 64
シュート(本) 8 10
枠内シュート(本) 3 3
走行距離(km) 111.747 107.654
スプリント(回) 167 164
パス(本) 324 661
パス成功率(%) 72.7 83.5
フリーキック(本) 9 18
コーナーキック(本) 1 1

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

 

スタメン

  • 少し選手と配置を入れ替えてきたスタメンでした。
  • フォーメーションは、3-5-2
  • 森選手、細谷選手の2トップ
  • 2列目は中村選手、マテウスサヴィオ選手
  • 両サイドには、三丸選手、大南選手
  • アンカーの位置に、椎橋選手
  • 3バックは、古賀選手、上島選手、高橋選手
  • キーパーはキムスンギュ選手

 

ベンチメンバー

佐々木選手、田中選手、小屋松選手、戸嶋選手、加藤選手、アンジェロッティ選手、升掛選手

関連記事:スタメン予想:2022シーズン J1リーグ 第12節 柏レイソル 対 浦和レッズ

スタメン予想:2022シーズン J1リーグ 第12節 柏レイソル 対 浦和レッズはじめに どうも!Taruta(たるた)です。 本日は柏レイソルのお知らせがあったので2つめの記事になります。本日のあいさつは、...

前半

浦和レッズのキックオフで試合開始

【前半15分経過】
浦和レッズがボールを保持する試合展開。セカンドボールも浦和の方が良く拾えている。攻守の切り替えも早い。柏レイソルはもう少しセカンドボールを拾いたいところ

【前半30分経過】
引き続き浦和レッズがボールを保持する展開が続く。柏レイソルはパスカットをされることが多く、パスが繋がらない状況。守備は決定機を作らせていないが簡単にボールを浦和に渡しすぎているのが気になる。ただ、前半30分近くに、細谷選手のペナルティエリアに切り込み森選手へパスしたプレーから少し柏レイソルも攻められるようになってはきた。

ロスタイムは1分
このまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • 浦和レッズがボールを保持した前半
  • 柏レイソルも最後の守備は良く、キムスンギュ選手のセーブもあり無失点で守れている。
  • 柏レイソルも前半30分過ぎから徐々に攻めることも出来ているがシュートの本数は少ない。
  • 前半の内容からすると0点に抑えたのは良かったと思う。

 

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始
両チーム選手交代なし

【後半60分経過】
前半に引き続き浦和レッズがボールを保持する試合展開ではあったが、柏レイソルのプレスは強まってきた印象。椎橋選手の江坂選手へのタックルから選手が入り乱れる状況にはなり少しイエローカードが出たが、無事試合が再開されたのは良かった。

【後半75分経過】
この時間帯から柏レイソルのプレスが徐々に効き始めた印象。セカンドボールも拾えるようになり浦和陣内で試合が進む時間が多くなってきた。ただ、最後の連携でミスがあるのでシュートは打てていない状況

ロスタイムは6分
このまま試合終了。0-0で引き分け

【後半総括】

  • 後半開始早々は浦和レッズが前半に引き続きボールを保持する時間帯が続く。
  • 後半75分過ぎからは柏レイソルのプレスが効き始め、押し込む展開に。
  • この時間帯で点が欲しかったところだが、最後の連携がうまくいかずこのまま試合終了

 

試合の感想

スコアレスドローの試合。

浦和レッズのようにダイレクトでパスを繋がれるとプレスがはまらないので、柏レイソルとしては中々攻めることが出来ないのは少し歯がゆい気持ちになるところ

ただ、前半も全くシュートチャンスが無かったわけでは無いし、後半残り15分はきちんとプレスがはまり柏レイソルの攻める時間帯を作ることができているのでやっているサッカーは間違いでは無い気もしている。

少し試合は荒れ模様な雰囲気になったが、全体的にはお互いの良いところが出ていた良い試合だったと思う。

  • 無失点!
  • カバーリング含め良かった守備
  • キムスンギュ選手のセーブ。
  • 無得点!
  • ボールを奪った後の攻め方。(すぐに相手にボールを渡しすぎる)

前節2得点の森選手が今節スタメンに入ったこともあり、少し注目して見ていたが、正直まだまだ連携不足感は否めない。

自分自身が欲しかったボール、場所、タイミング。少しずつずれていたと思う。その時の森選手は、謝る仕草が多かったようにも感じるので、要求しても良いかもとは思った。

まあ、ルーキーにそれを求めるのは酷かもしれないが、それだけ期待してしまうところもあるし、もっともっと活躍することを期待したい。

次節は、ホームでガンバ大阪との対戦。

柏レイソル30周年記念マッチでもあるので、是非柏レイソルの勝利を期待したい。

最後まで内容を確認して頂き、ありがとうございます。

これからも色々あると思いますが、Jリーグが継続して試合ができていることに感謝しつつ、引き続き柏レイソルを応援していきたいと思います。

関連記事:2022シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2022シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2022 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2022年5月14日 YBCルヴァンカップ ...

▶Jリーグ観るならDAZNで!!

DAZN
ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください