試合

スタメン予想:2021ルヴァンカップグループステージ第4節 横浜FC 対 柏レイソル

はじめに

リーグ戦では3連勝と調子が上がってきた、柏レイソル。

明後日、4月28日はルヴァンカップ グループステージの横浜FC戦となります。

この試合からグループステージも後半に入ります。柏レイソルのグループステージ前半戦は、1勝1敗1分けとグループステージ突破できる可能性を持っています。

ただし、グループCは、2勝しているチームが無いため、すべてのチームがグループステージ突破の可能性を持っており、混戦状態となっています。

是非ともリーグ戦の勢いそのまま横浜FCに勝利しグループステージ突破に近づきたいところです。

今回は、2021シーズン ルヴァンカップGS 第4節 横浜FC 対 柏レイソルのスタメンを予想してみました。

皆さんも良ければスタメンを予想してみてください。

 

前回対戦の振り返り

前回の横浜FCとの対戦は、2021年4月3日(土) ニッパツ三ツ沢球技場での試合。

後半ロスタイムに大南選手のゴールで同点に追いついた試合でした。

関連記事:痛み分けでも前向きに考える!:2021シーズン J1リーグ 第7節 横浜FC 対 柏レイソル 試合結果

痛み分けでも前向きに考える!:2021シーズン J1リーグ 第7節 横浜FC 対 柏レイソル 試合結果試合結果 横浜FC 柏レイソル 1 前半 0 0 後半 1 1 合計 1 ...

試合結果

横浜FC 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

横浜FC
前半38分:田代選手

柏レイソル
後半45分:大南選手

【選手交代】

横浜FC
後半15分:齋藤選手⇒松浦選手
後半38分:松尾選手⇒小川選手
後半38分:ジャーメイン 良 選手⇒瀬古選手
後半38分:渡邉選手⇒伊藤選手

柏レイソル
後半0分:細谷選手⇒呉屋選手
後半0分:イッペイシノヅカ選手⇒神谷選手
後半19分:ヒシャルジソン選手⇒仲間選手

【スタッツ】

項目 横浜FC 柏レイソル
ボール支配率(%) 47 53
シュート(本) 6 14
枠内シュート(本) 3 4
走行距離(km) 113.204  112.428
スプリント(回) 145  167
パス(本) 332 436
パス成功率(%) 71.4 74.5
フリーキック(本) 17 9
コーナーキック(本) 4 6

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

 

スタメン予想(2021年4月28日時点)

前回の湘南ベルマーレ戦同様に選手を入れ替えてくると予想しました。ただ、フォーメーションは現状好調という事もあり、3-4-2-1のままと予想しました。

リーグ戦では、ペドロ ハウル選手、アンジェロッティ選手が出場したこともあり状況によってはスタメンもあると予想してみました。

  • フォーメーションは、3ー4-2-1
  • ペドロ ハウル選手、アンジェロッティ選手をスタメンに予想

横浜FCとの対戦成績

  • 通算対戦、アウェイゲーム共に負け越し
  • 昨年度の対戦成績は、1勝1敗
  • 今シーズンの対戦成績は、1敗1分
項目 内容
通算対戦成績 4勝5敗5分(19得点18失点)
横浜FCホームでの対戦成績 2勝3敗2分(10得点9失点)

※引用元:Sportsnavi

 

試合の見どころ

【横浜FCの注意選手】

横浜FCの得点パターンの42.9%はセットプレーからの得点となっている。今シーズンの柏レイソルと対戦した時の得点は、PKとコーナーキックからの得点となっている。

やはり、横浜FCのセットプレーに注意したい。

  • 横浜FCのセットプレーに注意

【柏レイソルの注目選手】

まだ、出場するかはわからないが、ペドロ ハウル選手、アンジェロッティ選手に注目したい。

徳島戦では、少ない時間ではあったが、ペドロハウル選手は、シンプルに味方にパスするポストプレイを、アンジェロッティ選手はスピード感ある攻撃を見せてくれた。

まだまだ、コンデションや柏レイソルのサッカーに慣れてはいないと思うが、期待をしてしまう。

  • ペドロ ハウル選手、アンジェロッティ選手のプレーに注目

【試合の注目ポイント】

柏レイソルは、リーグ戦3連勝。一方、横浜FCは、3月3日の柏レイソル戦での勝利からリーグ戦もルヴァンカップも勝てていない状況となっている。

勢いは、柏レイソルの方だと思うが、唯一柏レイソル戦での勝利があることから横浜FCも柏レイソル戦には自信を持って挑んでくると思う。

試合展開としては、前回対戦と同様に、中盤で激しい攻防が繰り広げられると思われる。

柏レイソルが勝利するには、中盤の攻防からどれだけ早い攻撃につなげることができるかがポイントになる。また、セカンドボールもどれだけ拾えるかが大切になる。

ボールポジッションでは、横浜FCが上回ると思われるため、当然、先制点も重要になる。また、横浜FCのセットプレーにも注意が必要

柏レイソルとしては、徳島戦同様の中盤での早いプレスからボール奪取し得意のショートカウンターで先制点を奪い試合を優位に進め、勝利をつかみ取って欲しい。

  • 中盤の攻防を制することができるか
  • 横浜FCのセットプレーに対してしっかり守れるか
  • 先制点を奪い試合を優位に進めることができるか

 

まとめ

2021シーズン ルヴァンカップGS 第4節 横浜FC 対 柏レイソルのスタメンを予想してみました。

ルヴァンカップGSを突破するには、負けられない戦いとなります。リーグ戦の勢いそのまま勝利を期待したいところ。

当日は、スカパーオンデマンドでの観戦となりますが柏レイソルの勝利を信じ応援したいと思います。

これからも色々あると思いますが、Jリーグが継続して試合ができていることに感謝しつつ、引き続き柏レイソルを応援していきたいと思います。

関連記事:2021Jリーグ選手名鑑(エル・ゴラッソ特別編集)を購入しました。

2021Jリーグ選手名鑑(エル・ゴラッソ特別編集)を購入しました。はじめに 2021年2月18日(木)に発売の2021Jリーグ選手名鑑を購入しました。今年も昨年に引き続きエルゴラッソ版を購入しています...

1ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください