試合

お互い譲らず!:2020 J1リーグ第32節 セレッソ大阪 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

セレッソ大阪 柏レイソル
0 前半
後半
合計

【選手交代】

セレッソ大阪
後半7分:木本選手⇒丸橋選手
後半15分:ブルーノ メンデス選手⇒豊川選手
後半41分:坂元選手⇒西川選手

柏レイソル
後半0分:三原選手⇒小林選手
後半33分:北爪選手⇒高橋(峻)選手
後半37分:江坂選手⇒呉屋選手

【スタッツ】

項目 セレッソ大阪 柏レイソル
ボール支配率(%) 53 47
シュート(本) 12 11
枠内シュート(本) 4 4
走行距離(km) 114.5 112.8
スプリント(回) 152  175
パス(本) 475 366
パス成功率(%) 76 74
フリーキック(本) 15 11
コーナーキック(本) 3 4

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

フォーメーションは、3-4-2-1の3バック。前節の大分戦から選手を変え、名古屋戦と同様のスタメンとなっておりました。

前節に引き続き大谷選手がベンチ外です。

  • フォーメーションは、3-4-2-1の3バック
  • スタメンは名古屋戦に戻してきました。
ベンチメンバー

滝本選手、鎌田選手、高橋(峻)選手、三丸選手、小林選手、呉屋選手、仲間選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第32節 セレッソ大阪 対 柏レイソル

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第32節 セレッソ大阪 対 柏レイソルはじめに 昨日に大分トリニータ戦があったばかりですが、早くも明後日12月12日は、セレッソ大阪戦となります。 12月の6連戦のう...

 

試合前

本日は、ヤンマースタジアムでの試合。アウェイ観戦も出来るようになりましたが、本日もDAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 セレッソは残りの結果によってはACL出場権獲得の可能性を残しているところで是が非でも勝たなければならない試合だと思うがうちもACL出場権が絶たれたが今季少しでも良い順位で少しでも多くの勝ち点を奪い今シーズンを終える目的があるので、両チーム勝ち点を目指す良い試合になると思う。
セレッソ大阪:ロティーナ監督 いつも通りやるべきことは良いプレーをすること。それによって勝つ可能性が高まると思う。観客の皆さんに印象を残すことも大事だし勝ち点をを取っていくことが重要だと思っている。

 

前半

柏レイソルのキックオフで前半開始。
江坂選手のキックオフ少し意表を突くキックオフでした。

前半7分
北爪選手のロングスローからチャンスに。ロングスローのこぼれ球がヒシャルジソン選手の前にこぼれシュートを放つがゴール右に外れる。

前半13分
北爪選手のクリアからカウンター。ヒシャルジソン選手がクリアボールを拾いクリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手が素早く前線にフィード。キム ジンヒョン選手が飛びだすが一瞬早くオルンガ選手がボールを触りセレッソゴールにボールは向かうがセレッソDFクリアでゴールならず。

【前半15分経過】
まだまだ両チームともチャンスがあまり生まれない。両チームとも中盤の守備が硬い。まだまだどちらの展開とも言えない試合。珍しくオルンガ選手が判定に少しイライラ気味。

前半20分
三原選手がボールを奪いカウンター。ヒシャルジソン選手がボールを持ち込み江坂選手へ。江坂選手から大南選手、オルンガ選手を経由して再び江坂選手へ、江坂選手が左足でロングシュートを放つがゴール枠を外れる。

【前半30分経過】
中盤の攻防が激しく、守備の切り替えが早い展開。激しいプレーが続くので少し荒れそう(ジャッジに不満が出そう)。激しいがプレーはノーファールの判定が続いていたが引水タイム後は反則を取られる判定に。ヒシャルジソン選手と大南選手がイエローカードを貰う。少し注意したい。

前半31分
柏レイソルのカウンター。山下選手のヘディングでのクリアが前線のオルンガ選手へ、オルンガ選手がそのままドリブルでシュートを放つがゴール枠を外れる。

前半39分
柏レイソルのカウンター。ヒシャルジソン選手がボールを奪いドリブルで攻めあがる。一度三原選手に戻す。三原選手から江坂選手へロングフィード。江坂選手がヘディングシュートを放つがキーパー正面。

ロスタイムは3分
ロスタイムはこのまま前半終了。0-0

【前半総括】

  • 両チーム潰し合いの前半
  • 両チームとも決定的なチャンスはなく、お互い中盤の攻防が激しい
  • どちらもペースを掴めない試合
  • レイソルはイエロー2枚もらってるので注意
  • ミスやセットプレーで試合が決まりそうな展開

 

後半

セレッソ大阪のキックオフで試合開始
レイソルは、三原選手OUT 小林選手IN

後半52分
セレッソ大阪のチャンス。丸橋選手へロングフィード。丸橋選手が落としたボールを清武選手が拾い。DFをかわしてシュート。シュートはゴール右に外れる。

後半55分
ヒシャルジソン選手、クリスティアーノ選手、北爪選手とつなぐ。北爪選手のクロスに江坂選手がヘディングで合わせるがキーパー正面。

【後半60分経過】
セレッソ大阪の木本選手の負傷による選手交代から急にオープンな展開に変わる。攻守の切り替えが目まぐるしく変わる展開になってきた。柏レイソルも攻めてるがセレッソ大阪も攻める。セレッソの方がシュートまでいく回数が多い展開。

【後半75分経過】
後半60分頃と比較して少し試合は落ち着いたがセレッソが少し攻める展開が続く。柏レイソルは少し我慢の時間帯のような感じがするが、これがスタンダードかもしれない。柏レイソルは集中して守っており、カウンターにつなげたい。だがセレッソの守備も堅くなかなかカウンターになるようにボールが繋がらない。

後半86分
相手のクリアボールを古賀選手が拾い小林選手へ。小林選手から呉屋選手へ縦パスが通る。呉屋選手がドリブルで持ち込みロングシュートを放つがゴール左に外れる。

ロスタイムは5分
このまま両チーム得点なしで試合終了。0-0

【後半総括】

  • どちらも譲らない試合展開
  • 途中までは攻守の切り替えも激しく、緊張感のある試合展開。
  • 後半は攻められる展開が続いたが粘り強い守備で無失点

 

試合の感想

セレッソ大阪も守備が堅く、正直あまり攻めることができない状況での勝ち点1は良い結果だったのではと思う。

先制点を奪うことができれば、また違う試合展開になったかもしれないが、逆に先制点を奪われたら追いつくのが厳しい状況だったと思われるので、アウェイでこの結果は良しだと思う。

  • 無失点
  • 粘り強い守備
  • 無得点
  • ヒシャルジソン選手のイエロー(8枚目なので2試合出場停止)

不利な状況が多い中、選手たちは本当に頑張っていたと思う。緊張感のある試合の中、ミスが少なく守備は体を張りセレッソの攻撃を防いでいた。

5バック気味の引いて守る守備なのでなかなかスペースは生まれない。スペースを活かす攻撃が得意な柏レイソルとしてはなかなか攻めることは難しい状況状況だったと思う。

残り2試合。ネルシーニョ監督のコメントの通り少しでも良い順位で少しでも多くの勝ち点を取り良い形でシーズンを終えて欲しい。

現地に応援に行かれた柏レイソルサポーターの皆様お疲れさまでした。

関連記事:2020シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2020シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2020シーズン明治安田生命J1リーグの柏レイソル 試合日程一覧をまとめています。柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していくブログです。 ...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください