試合

2連勝と今後も期待できる勝利:2020 J1リーグ第26節 ベガルタ仙台 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

ベガルタ仙台 柏レイソル
0 前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
前半21分:クリスティアーノ選手
後半15分:オルンガ選手

【選手交代】

ベガルタ仙台
後半10分:浜崎選手⇒松下選手
後半10分:佐々木選手⇒石原選手
後半22分:イサック クエンカ選手⇒兵藤選手
後半22分:山田選手⇒西村選手

柏レイソル
後半33分:北爪選手⇒高橋(峻)選手
後半33分:瀬川選手⇒仲間選手
後半41分:江坂選手⇒神谷選手

【スタッツ】

項目 ベガルタ仙台 柏レイソル
ボール支配率(%) 48 52
シュート(本) 8 13
枠内シュート(本) 1 4
走行距離(km) 123.8  123.5
スプリント(回) 162  187
パス(本) 563 546
パス成功率(%) 78 80
フリーキック(本) 14 14
コーナーキック(本) 5 3

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

フォーメーションは、3-4-2-1の3バック。スタメンは鹿島戦と同様でした。

前節に引き続き大谷選手がベンチ外となっていたのは気になります。

  • フォーメーションは、3-4-2-1の3バック
  • スタメンは鹿島戦と同様
ベンチメンバー

滝本選手、鎌田選手、高橋(峻)選手、小林選手、仲間選手、呉屋選手、神谷選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第26節 ベガルタ仙台 対 柏レイソル

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第26節 ベガルタ仙台 対 柏レイソルはじめに 明後日の12月1日は、延期となっていたベガルタ仙台戦となります。 前節久しぶりにいい勝ち方をして、選手もサポーターもモ...

 

試合前

本日は、ユアテックスタジアム仙台での試合。アウェイ観戦も出来るようになりましたが、引き続きDAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 前節同様に、ゲームの入りからアラートに入ることが求められている。前節の勝利で今節自信を持って戦う事が出来ると思う。組織的に戦うという事と、攻守が切り替わったタイミングで相手が空けたスペースを狙いとしてゲームを進めていければと思っている。
ベガルタ仙台:木山監督 全員が攻撃でも守備でも狙いを持った中でハードワークをしている。ゲームを通して自分たちのやるべきことが少しずつ出来るようになっている。

 

前半

仙台のキックオフで前半開始。

前半3分
三原選手が仙台陣内でボールを奪いチャンス。江坂選手にボールがわたり、瀬川選手へ。ペナルティエリア内に入った瀬川選手が意表を突いたシュートを放つが相手GKナイスセーブでゴールならず。

【前半15分経過】
柏レイソルは、アグレッシブに試合に入った。徐々に仙台がボールを保持する時間帯になってきた。悪い状況ではないがうまく攻めれていない印象。ただ仙台に危険なところまで攻め込まれているわけではないので、まだまだ試合はこれからという感じ

前半21分
三原選手の縦パスから柏レイソルの速攻。縦パスをクリスティアーノ選手がヒールでオルンガ選手へ、オルンガ選手がそのままドリブルで攻め上がりクリスティアーノ選手へスルーパス。このパスがクリスティアーノ選手へ通り、クリスティアーノ選手がそのままドリブルから仙台ゴールにシュートを流し込み柏レイソル先制。1-0

【前半30分経過】
少し仙台がボール保持する展開の中、柏レイソルはクリスティアーノ選手とオルンガ選手の速攻で先制点を奪う。その後は、数回カウンターや高い位置でボールを奪い仙台陣内に攻め込む。柏レイソルのペースで試合が進む。守備もよく仙台にシュートまでいかせていない。

前半34分
柏レイソルの速攻。三原選手のフィードをクリスティアーノ選手がキープし江坂選手へ。江坂選手と仙台の選手とのこぼれ球がクリスティアーノ選手へ当たりボールはオルンガ選手へ。オルンガ選手から江坂選手へパスがわたりそのままシュートを放つがゴールキーパーセーブ。

ロスタイムは3分
ロスタイムはそのまま終了し1-0で柏レイソルリードで前半終了

【前半総括】

  • 柏レイソルは、試合の入り方が非常に良かった。アグレッシブだった。
  • 守備もよく仙台にほとんどシュートを打たせなかった
  • 速攻でクリスティアーノ選手とオルンガ選手の連携から先制点を奪う。
  • 先制点を奪った後は、カウンターを仕掛けレイソルペースといえる前半
  • ただ、江坂選手へのマークは厳しい印象

 

後半

柏レイソルのキックオフで試合開始
両チームとも選手交代はなし

後半54分
柏レイソルのボール回しからチャンスに。江坂選手から左に流れたオルンガ選手へ。オルンガ選手が中央のクリスティアーノ選手へパス。クリスティアーノ選手が左足でシュートを放つがゴール右に外れる。

後半60分
柏レイソルのコーナー。クリスティアーノ選手の蹴ったボールに瀬川選手が飛び込みヘディングシュート。シュートは惜しくもポストに当たるが跳ね返ったボールにオルンガ選手がつめ、仙台ゴールに押し込み柏レイソル追加点。2-0

【後半60分経過】
柏レイソルペースで後半も進む。パスもよく回せていて完全にペースを掴んでいる印象。コーナーキックからオルンガ選手の得点と理想的な試合展開。ここからは、仙台が攻め込んでくると思われるので、逆にカウンターでゴールを決めたいところ。仙台のファールも増えてきているが若干気になる。(怪我をしない様に注意してほしい)

後半61分
柏レイソルチャンス。縦へのロングフィードをオルンガ選手がキープし右サイドに走りこんだクリスティアーノ選手へパス。クリスティアーノ選手が柔らかいクロスを上げ、オルンガ選手がヘディングで合わせるがヘディングシュートはポストに当たりゴールならず。(二人で攻撃できてしまうあたりすごさを感じる)

【後半75分経過】
得点後は仙台がボールを保持する展開に。柏レイソルはボールを奪う事が出来るがその後繋げない状況。ただ最後のところをやらせていないので守備ができている。後半70分過ぎから柏レイソルも攻め始める。柏レイソルはこの時間帯まで選手交代をしていないのでそろそろ選手交代か

後半90分
この試合最大のピンチ。左サイドからのクロスに長沢選手がヘディングでシュート。キムスンギュ選手がゴールライン上でキャッチしゴールを守る。

ロスタイムは5分
このまま仙台の攻撃を守り抜き試合終了。2-0で柏レイソル勝利。

【後半総括】

  • 柏レイソルは、後半開始からアグレッシブに攻め後半の入りも良くコーナーキックから追加点
  • 後半75分以降は守備の時間になるがクリーンシートで試合を終える。
  • 柏レイソルとしては理想的な試合展開で勝利
  • 攻められつつも守備もよくクリーンシートでの勝利

 

試合の感想

前節の鹿島戦の好調を維持し引き続き勝利。

前半に先制点を奪い、後半も追加点。守備もよく安心して試合を見ていられた展開だった。

  • クリーンシート
  • オルンガ選手、クリスティアーノ選手 2試合連続ゴール
  • 2連勝
  • 大谷選手の2試合連続のベンチ外(少し気になります。)

選手の状況を見つつベンチメンバーを決めていると思いますが、大谷選手のベンチ外は少し気になるところです。

ただ、オルンガ選手とクリスティアーノ選手の得点が生まれ、次節以降も非常に楽しみになりました。

ここからは連戦が続き。選手達は厳しい状況が続くと思いますが、連勝し上位を目指してほしい。

現地に応援に行かれた柏レイソルサポーターの皆様お疲れさまでした。

関連記事:2020シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2020シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2020シーズン明治安田生命J1リーグの柏レイソル 試合日程一覧をまとめています。柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していくブログです。 ...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください