試合

開幕戦勝利だが:2020 J1リーグ第1節 柏レイソル 対 コンサドーレ札幌 試合結果

試合結果

柏レイソル コンサドーレ札幌
前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
前半13分:江坂選手
前半20分:オルンガ選手
後半13分:江坂選手
後半20分:オルンガ選手

コンサドーレ札幌
後半23分:荒野選手
後半31分:鈴木選手

【選手交代】

柏レイソル
前半30分:瀬川選手⇒神谷選手
後半0分:染谷選手⇒高橋(祐)選手
後半36分:キム スンギュ選手⇒滝本選手

コンサドーレ札幌
後半12分:白井選手⇒ルーカス フェルナンデス選手
後半27分:ジェイ選手⇒アンデルソン ロペス選手
後半34分:キム ミンテ選手⇒駒井選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル コンサドーレ札幌
ボール支配率(%) 49 51
シュート(本) 26 25
枠内シュート(本) 12 7
走行距離(km) 116.9 119.5
スプリント(回) 209 204
パス(本) 421 499
パス成功率(%) 74 75
フリーキック(本) 8 11
コーナーキック(本) 7 7

※引用元:Sportsnavi

ハイライト

スタメン

GK以外は、ちばぎんカップと同様のメンバーでした。

ルヴァンカップではベンチ外だったヒシャルジソン選手が戻ってきました。

・ヒシャルジソン選手がスタメンに復帰
・フォーメーションは、4-2-3-1
・高橋(祐)選手が公式戦はつのベンチ入り

ベンチメンバー

滝本選手、高橋(祐)選手、北爪選手、大谷選手、神谷選手、マテウス サビィオ選手、呉屋選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第1節 柏レイソル 対 コンサドーレ札幌

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第1節 柏レイソル 対 コンサドーレ札幌2020J1リーグ第1節柏レイソル対コンサドーレ札幌のスタメン予測しています。柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していくブログです。 ...

試合前

本日は、11:30スタジアムに到着。

・待機列は公園の中まで続き、列も数列出来ていました。
・天気は曇り、気温は暖かいが風が強いせいで少し寒さを感じました。

12:00開門。待機列は公園の半分以上列が連なっていました。待機列が動き始めたのは12:10頃でした。さすが開幕戦。

12:25頃、お昼の買い出し。すでにどこもいっぱい並んでいる状況。Labo Caféでクリアボトルプレゼントのイベントを実施していたので、本当に多くの人が並んでいました。

他の店舗の列も通常よりも多く並んでいるように感じました。

【今日のお昼】
・日立台カリーぶさんの「レイソルカリー」
・日京クリエイトさんの「レイソル勝つサンド」
・メディトリーナさんの「牛ハラミ串」

12:45頃 レジャーシートに座りゆっくり食事。

13:10頃 今日のスタメンを確認!この後少し散歩しましたがどこの店舗も混んでいました。少し日差しが出来ましたが、風もあいかわらず強かった。

本日の試合からVARが導入されることもあり少し説明がありました。

その後の練習開始から試合開始までのタイムスケジュールはこんな感じです。

14:15 キム選手、滝本選手練習開始
14:17 みや長さん登場
(残念ながら声が聞こえず)
14:25 フィールド選手練習開始
14:30 選手紹介
14:38 柏から世界へ
14:46 バックドロップシンデレラ
14:55 今日のスタメン
14:59 選手入場

前半

風の影響を考慮しコイントスでコートを選択したと思われる。
コンサドーレ札幌のキックオフで試合開始

前半0分
開始早々 中盤で奪われ柏レイソルがピンチを迎える。
札幌が柏レイソルの右サイドからセンターリングを上げ、シュートを打たれるがサイドネット

前半2分
またしても、柏レイソルの右サイドからセンターリングを上げられるが、武蔵選手のヘディングが合わずピンチを逃れる。

風の影響か細かいミスが多い印象。試合がなかなか落ち着かない

前半4分
柏レイソルにいきなりチャンスが訪れる。キムミンテ選手のキーパーへのパスミスをオルンガ選手が逃さず奪い、シュートを放つがサイドネットでゴールならず。

続けて柏レイソルのチャンス。クリスティアーノ選手がシュートを放つがゴール左に外れる。

前半9分
コンサドーレ札幌の菅選手からゴール前へロングフィード。キムスンギュ選手飛び出しジェイ選手と競りこぼれ球を鈴木武蔵選手がヘディングシュートを放つがキムスンギュ選手キャッチ

前半12分
クリスティアーノ選手のスローインからオルンガ選手へ、オルンガ選手から江坂選手へ、マークが甘くなったところを見逃さずペナルティーエリア内までドリブルを仕掛け左足でシュート。このシュートがゴール右隅に決まり柏レイソル先制

前半13分
中盤でボールを奪い江坂選手が前線にフィードしたボールが、クリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手が抜け出し強烈なシュートを放つが、ゴールキーパー正面ではじかれる
(ルヴァンカップでも同様なチャンスがあったが決められないのが少し気になる。)

【前半15分経過】
試合開始直後は、中盤で奪われることが多く、コンサドーレ側のチャンスが多かったが12分の先制点のあとは、徐々に柏レイソルの攻撃のリズムができ始めた

前半17分
新しい応援歌、「俺よ届け」が流れる。

前半20分
キム スンギュ選手から江坂選手へ、江坂選手がロングフィードでオルンガ選手へオルンガ選手が抜け出す。一度ペナルティーエリア外に流れるが再度ペナルティーエリアに侵入しシュートを放つ。このシュートがゴールに決まり柏レイソル追加点

前半22分
札幌の攻撃、菅選手のクロスがドンピシャでジェイ選手がヘディングシュートを放つがキム スンギュ選手のナイスセーブでゴールを守る。

前半23分
札幌のコーナーキック、ジェイ選手がヘディングシュートを放つがゴール左にそれゴールキックに。(ジェイ選手を捕まえられていないため危ない場面が続く印象)

前半26分
再び札幌のチャンス。柏レイソルの左サイドから中へ、ノーマークで鈴木選手がシュートを放つが染谷選手がブロック、こぼれ球を札幌の選手がシュートを放つがヒシャルジソン選手がブロック。二人の体を張ったプレーでピンチを凌ぐ

・この前のプレーで瀬川選手が足を痛め神谷選手と交代

【前半30分経過】
柏レイソルが追加点を奪うが、コンサドーレ札幌の攻撃が良くチャンスが増えてきた。2点リードしているが、全く柏レイソルのペースにはならない状況

前半31分
オルンガ選手のポストプレーから江坂選手へ、江坂選手からクリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手がシュートを放つがゴールキーパーに弾かれる。弾いたボールをノートラップで江坂選手が合わせるが相手ディフェンダーのナイスクリアでゴールならず

前半32分
チャナティップ選手のドリブルに対してヒシャルジソン選手がファール。嫌な位置でのフリーキックだが福森選手のフリーキックは壁に当たりコーナーキックに。

前半37分
菅選手のからジェイ選手へセンターリング。ジェイ選手のヘディングはキム スンギュ選手がキャッチ(ジェイ選手を捕まえ切れていない)

前半41分
相手ゴールキーパーのクリアがクリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手から江坂選手へ渡りシュートを放つがゴール左に外れる。

ロスタイムは4分
家本主審の時はロスタイムがいつも長いが、スコアはこのまま前半終了

【前半総括】
2-0で勝っているが、中盤のセカンドボールは札幌に拾われる回数が多いため、札幌のチャンスも多い。

何本かサイドからのクロスで危険な場面があったがキム スンギュ選手のセーブと札幌のシュートミスに助けられた感がある。決定力の差で勝っている印象。

札幌はオルンガ選手に苦戦中。

クリスティアーノ選手のシュートが決まらない(早く決めて欲しい)。

柏レイソルのディフェンス陣は最後のところで体を張れている。

後半

・柏レイソルは染谷選手から高橋(祐)選手へ後半開始と同時に交代

柏レイソルのキックオフで後半開始。

後半1分
柏レイソルのフリーキック。クリスティアーノ選手のシュートは、いいシュートだったが相手キーパー正面

後半2分
神谷選手から江坂選手へ、江坂選手のパスを神谷選手がシュートを放つも相手ディフェンダーがナイスクリア。

後半6分
柏レイソルのコーナーキックからのこぼれ球に鎌田選手がシュートを打つがゴールバーを越える。

後半10分
神谷選手のクロスにクリスティアーノ選手がヘディングで合わせるが、シュートは弱く相手ゴールキーパーキャッチ

後半13分
ハーフエーライン付近で江坂選手がボールを奪い、こぼれ球を神谷選手が素早くオルンガ選手に、オルンガ選手からクリスティアーノ選手へ渡り、クリスティアーノ選手から走りこんだ江坂選手へ江坂選手がシュートを決め柏レイソル3点目

後半14分
三原選手のカットから神谷選手がヒシャルジソン選手へ、ヒシャルジソン選手からクリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手カットインから左足のシュートもキーパーキャッチ

【後半15分経過】
札幌もボールをつなぎ攻めているが、レイソルは得意のカウンターで3点目を取得。札幌は中盤でボールを取りにくるため、中盤に選手が密集している。そのため、3バックということもあるが札幌の最終ライン付近ではスペースがたくさんある。そのスペースを柏レイソル(オルンガ選手)が上手く使っている印象。3点目もカウンターで取った得点。ただヒシャルジソン選手は、前半からチャナティップ選手にてこずっている印象

後半20分
札幌のコーナーキックから柏レイソルカウンター。クリスティアーノ選手からオルンガ選手へ、札幌ゴールキーパーが飛び出してくるがオルンガ選手がかわし無人のゴールへシュートを決め柏レイソル試合を決定的にする4点目を奪う。

後半23分
スローインからのパス交換から柏レイソルの左サイドを崩しセンターリング、一度ボールが流れるもサイド折り返し、ボールが抜けてきてノーマークの荒野選手のシュートがゴールに決まりコンサドーレ札幌1点返す

【後半30分経過】
柏レイソルが4点目を奪った後は、札幌の猛攻が続く。札幌はショートパスだけではなく、ロングフィードも多くなてきた。チャナティップ選手を抑えられていない印象

後半31分
チャナティップ選手のパスを武蔵選手が抜け出しシュート。このシュートがゴールに決まり札幌2点目

後半32分
札幌の猛攻。上手く柏レイソルのディフェンスをかわし荒野選手が抜け出して決定的なチャンスを迎えるが、キム スンギュ選手のスーパーセーブで防ぐ

後半35分
大谷選手を入れて試合をしめる予定だったが、キムスンギュ選手の負傷により滝本選手に交代。この試合3人目の負傷交代。正念場を迎える。

後半39分
コンサドーレ札幌の猛攻を防ぎ柏レイソルのカウンター。クリスティアーノ選手から江坂選手へ、江坂選手が落としたところを神谷選手がドリブルで中央に切れ込みシュートもゴールを外れる。

・札幌の選手も疲れてきたか、この時間帯から柏レイソルもボールを保持できるようになる。

ロスタイムは5分

ロスタイム2分経過
柏レイソルのカウンター、江坂選手からクリスティアーノ選手へクリスティアーノ選手のシュートはサイドネット

その後は大きな動きもなく試合終了

【後半総括】
後半2点を追加し試合を決めたものの札幌の猛攻にあい2失点。ただディフェンス陣も体を張ってそれ以上の追加点は与えなかった。

試合の感想

リーグ開幕戦を勝利。試合も攻守の切り替えが早く本当に好ゲームだったと思う。

・試合に勝利したこと。
・オルンガ選手はJ1でも規格外。
・江坂選手の2得点
・神谷選手の躍動(本当にサッカーがうまい選手)
・ディフェンス陣は良く体を張っていた

・クリスティアーノ選手のゴールを見たかった。
・3名の負傷交代(全選手怪我が軽いことを願う)

やはりJ1の試合は面白い。柏レイソルが勝利したこともあるが、相手チームのレベルも高いので、見ていて本当に好ゲームだった。

水曜日には、ルヴァンカップの試合がある。少し選手を入れ替えてくると思われるが出てきた選手ががどれだけ戦えるか楽しみです。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください