雑記

柏レイソル:2019年シーズン総括

はじめに

2019年シーズンの公式戦は、J1参入プレーオフ決定戦と天皇杯のみとなりました。残念ながら柏レイソルは、天皇杯を敗退してしまったので、2019年シーズンは終了

J1リーグも終了し、昨日はJリーグアウォーズも開催。

2019年シーズンも一区切りついたと思いますので、2019年シーズンはどんなシーズンであったかを振り返ってみたいと思います。

ちばぎんカップ

2019年シーズン一番初めの公式戦。2019シーズンはJ2で戦うことが決まっていたため、J2上位チーム(2018シーズンはプレーオフに進出していた)であるジェフユナイテッド千葉との戦いは、J2で柏レイソルがどれだけやれるのか、ネルシーニョ監督はどのようなチームを作ってきたのかを確認できる試合。

結果は、2-2でPK戦に突入したが5対6で敗退

瀬川選手の得点、ヒシャルジソン選手のボール奪取能力など、好材料を確認。

オルンガ選手がベンチスタート、江坂選手、大谷選手はベンチ外など、戦力が整っていない状況ではあったが、敗戦したことで不安を覚えた試合

ちばぎんカップでのスタメン

J2リーグ

【第1節~第10節】

リーグ戦開幕4連勝とこのまま無敗記録を続けると思った矢先、2連敗。ホームでV・ファーレン長崎に3-0で快勝したため、再び上昇気流に乗ると思われたが、引き分けと勝ちきれない試合が続く。

フォーメーションは、4-4-2、3-4-3を使用。前線も、クリスティアーノ選手、オルンガ選手、江坂選手、瀬川選手、ガブリエル選手、菊池選手を起用していたが、ベストな組み合わせを模索しているような感じ。

このころの柏レイソルのサッカーは、繋ぐサッカーと言うよりは、センターバックから前線へフィードをする、2018年シーズンの終盤を彷彿させる縦ポンサッカーを展開。

第10節終了時点で5勝2敗3分。順位も5位となんとかプレーオフ圏内にとどまっている状況

第10節のスタメン

【第11節~第20節】

第11節以降も3-4-3のフォーメーションを採用。鹿児島戦では先制しても逆転されたり、愛媛FC戦では1-3とこの時点でのリーグ下位チームと対戦するが勝つことができない。

ついには守備陣もメンバーを入れ替えて戦い始め戦い方がよくわからない時期だった。

なぜ4バックに戻さないのか疑問に思っていた。勝てていないこともあり、ネルシーニョ監督の采配にも疑問が多かった。

第18節の福岡戦でついに4バックに戻り、試合も最後まであきらめなかったため、ロスタイムで同点に追いつくしびれる展開。第19節の千葉ダービーも4バックで臨み2-0で完勝

第20節終了時点で9勝4敗7分。順位も5位と第10節と同じ状況だが、苦手な山形相手に1-0で勝利と2連勝。復調の兆しが見えてきた。

第20節のスタメン

【第21節~第30節】

第19節に4バックに戻してから、第21節以降も継続して4-4-2のフォーメーションを採用。第19節の千葉戦から11連勝を記録。

オルンガ選手、クリスティアーノ選手、江坂選手、瀬川選手の最適な配置が見えてきた。試合は複数得点、守備も安定。シーズン開幕前に思い描いていた強い柏レイソルになってきた。

夏の移籍市場により、小池選手、小泉選手、高木選手等、昨年柏レイソルで主力として活躍した選手が柏レイソルから移籍

逆に、三原選手、マテウス・サビィオ選手、川口選手、山下選手等、今年のリーグ戦後半に柏レイソルの主力として活躍する選手を獲得

結果的にこの補強は大成功であり、J1昇格できた要因の一つであると思う。

第30節終了時点で18勝4敗8分。順位は首位に浮上しJ1昇格(J2優勝)がかなり現実的になってきた。

第30節のスタメン

【第31節~第42節】

リーグ戦11連勝を記録しこのまま優勝に突き進むかと思いきや、上位チームとの対戦(横浜、水戸、大宮)に敗れJ1昇格の厳しさを改めて感じる。

ただし、瀬川選手を右サイドバックで起用したりヒシャルジソン選手を外し外国人選手を試したり、ネルシーニョ監督による来年に向け準備を行っていたとも思える。

最終的には、リーグ終盤の3戦は複数得点による連勝、J1昇格、J2優勝を第41節時点で決め、京都戦で複数のJリーグ記録を記録。最高の結果でリーグ戦を終えた。

第42節のスタメン

ルヴァンカップ

初戦のFC東京戦で勝利をおさめるが、その後3連敗、2引き分けと残念な結果に終わる。

結果も残念であったが、リーグ戦に出場していない選手の中から、レギュラーを掴んだ選手が出てこなかったのも少し残念である。

初戦以外は、3バックを採用。リーグ戦も含め、正直3バックの試合はあまり勝てていない。柏レイソルには合わないフォーメーションだと思ってしまう。

予選リーグ敗戦は少し寂しすぎる。2020年シーズンは、予選リーグ突破し、リーグ戦に出場していない選手の中から活躍する選手が出てくることを期待。

【ルヴァンカップ最終節のスタメン】

天皇杯

サガン鳥栖との試合では、延長戦までもつれ込む試合となるが、フェルナンドトーレス選手の現役最後のゴールを決められ、3回戦で敗戦と早々と天皇杯終了となる。

「柏から世界へ」が合言葉となっている柏レイソルとしては、2019年シーズンで唯一ACL出場権獲得のチャンスであったため、本当に残念な結果といえる。

2020年シーズンは、この時期まで勝ち残り、J1リーグ戦終了後も柏レイソルの試合が観戦できる喜びを味わいたい。

【3回戦でのスタメン】

まとめ

J2リーグ戦については、J1昇格、J2優勝と最高の成績となるが、その他のカップ戦については、物足りない成績。

2020年シーズンは、再びJ1リーグでの試合となる。2019年シーズン(J2リーグ)のようにはいかない。

しかし、2019年シーズンの最後の3戦は本当に強い柏レイソルを見ることができた

クリスティアーノ選手、オルンガ選手、江坂選手、瀬川選手、マテウス サヴィオ選手の攻撃陣は、J1でも上位に位置する攻撃陣であると思う。

J1でこの攻撃陣がどれだけ活躍できるか今から楽しみでもある。

これから、移籍情報が流れてくると思う。既存戦力は維持し、補強により総合力をプラスにして2020年シーズンを迎えて欲しい

2020年シーズンは、リーグ戦はACL出場圏内の順位、カップ戦は、今年度を上回る成績を期待したい。

【2019年シーズン:柏レイソルの成績】

項目 内容
ちばぎんカップ 敗戦 2-2(PK戦:5対6)
J2リーグ 優勝(J1昇格)
ルヴァンカップ 予選リーグ敗退
天皇杯 3回戦敗退
DAZN
ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください