ニュース

柏レイソルからのお知らせ:2021年1月29日

はじめに

2021年1月29日の柏レイソルからのお知らせは1です。

  • 『三協フロンテア株式会社』スタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約更新

内容についてまとめますので、参考にしてください。

関連記事:2021年1月柏レイソルからのお知らせ一覧

2021年1月柏レイソルからのお知らせ一覧はじめに 毎月の事になりますが、柏レイソルからのお知らせ内容を確認しやすいように、2021年1月のお知らせリストを作成しました。 ...

 

『三協フロンテア株式会社』スタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約更新

三協フロンテア株式会社と、2021シーズンからの契約を更新するとのお知らせとなります。

  • スタジアム名称は引き続き「三協フロンテア柏スタジアム」
  • ユニフォーム鎖骨部分に「三協フロンテア」のロゴマークを掲出

【三協フロンテア株式会社 概要】

  • 社名:三協フロンテア株式会社
  • 本社所在地:〒277-8539 千葉県柏市新十余二5番地
  • 代表者:代表取締役社長 長妻 貴嗣
  • 創業:1969年12月
  • 社員数:1,437名
  • 契約期間:2021年2月1日から2025年1月31日までの4年間

【スタジアム名称】

  • 名称:三協フロンテア柏スタジアム
  • 略称:三協F柏

【ユニフォーム】

柏レイソル公式HPをご確認ください。

 

三協フロンテア株式会社

1969年、建設現場の環境改善を旗印に創業以来、業界の先駆者としてユニットハウスの製造販売・販売・レンタルを手がける。従来の建築物はスクラップ&ビルドが繰り返される中、建設廃材をほとんど出さない「モバイルスペース」を提供することで、資源循環型社会の実現を目指す。その用途は、建設現場事務所をはじめ、一般企業のオフィスや店舗、イベント施設、災害時の応急仮設住宅など多岐にわたる。国内の展示場は211店舗、トランクルームやレンタルスペースは全国直営体制で、416店舗。近年、海外にもネットワークを拡げ、「柏から世界」を目指す企業として柏レイソルのクラブスローガンと同調している。

 

まとめ

2021年1月29日の柏レイソルのお知らせをまとめました。

2025年1月31日までは、「三協フロンテア柏スタジアム」で行くことが決まりました。

正直、初めのころは、慣れていませんでしたが「三協フロンテア柏スタジアム」という名称も浸透し、ほとんど違和感が無くなってきました。

これからも引き続き柏レイソルをサポートして頂ければ嬉しい限りです。

これからも色々あると思いますが、Jリーグが継続して試合ができていることに感謝しつつ、引き続き柏レイソルを応援していきたいと思います。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください