試合

J2リーグ 第36節 柏レイソル 対 水戸ホーリーホック 試合結果

試合結果

柏レイソル 水戸ホーリーホック
前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
前半15分 染谷選手
前半44分 クリスティアーノ選手

水戸ホーリーホック
前半32分:木村選手
前半37分:浜崎選手
後半31分:清水選手

【選手交代】

柏レイソル
後半18分:三原選手⇒手塚選手
後半27分:ジュニオール サントス選手⇒細谷選手
後半39分:江坂選手⇒ガブリエル選手

水戸ホーリーホック
後半31分:中山選手⇒草野選手
後半39分:清水選手⇒瀧澤選手
後半48分:木村選手⇒浅野選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル 水戸ホーリーホック
ボール支配率(%) 63 37
シュート(本) 20 13
 枠内シュート(本) 6 5
パス(本) 611 272
パス成功率(%) 79 67
フリーキック(本) 13 8
コーナーキック(本) 10 4

【ハイライト】

スタメン

今回の予想は惜しいところまで行っていましたが、やはり外れました。代表戦のため今節出場できないことがわかっていた、オルンガ選手のポジションには、ジュニオール選手、古賀選手のポジションには、高橋選手が入っていました。

センターバックのポジションに、鎌田選手ではなく山下選手が入っていましたので、これは予測できませんでした。

外国人枠としては、ヒシャルジソン選手がベンチに復帰すると思いましたが、ベンチにはガブリエル選手が入っていました。ヒシャルジソン選手は、4試合ベンチ外。何があったのでしょうか

また、ベンチには、谷選手、鵜木選手とU-18にも所属している2選手が入っていました。

試合前

本日の試合は、ホームの三協フロンテア柏スタジアムということで、いつもの席で観戦。12:00頃にスタジアムに到着(開場は11:00)。まだ時間としては早いほうなのでスタジアム自体は混雑していない状況。レイくんもポンチョを着てファンサービスを実施しておりました。

ちょうどお昼という事もあり、侍さんの「からあげ」を娘へのお土産に買い、日立台カリーぶさんの「レイソルカリーライス」をいただきました。誘惑にまけブラウンシュガーさんの牛タンドックも食べてしまいました。

食事の後、12:30頃に少し時間があったのでまたスタジアム内を回っていたら、「Jリーグ TEAM AS ONE」 募金活動を選手たちが行っていました。

本日は、新応援歌を聞くことができました。個人的には、「オーオオオーオ」のところがスタジアム全体を一つにしそうで好きです。

本日も柏駅から歩いてきましたが、駅前ではいつもの通り、「柏でよりみち アディショナルタイム」の皆さんがビジターサポータ向けにスタジアムの案内を行っておりました。本当に毎試合お疲れ様です。

試合前の練習開始から試合開始までのタイムスケジュールはこんな感じです。

13:14 中村選手、滝本選手練習開始
13:23 この木なんの木
13:25 フィールド選手練習開始
13:30 スタメン発表のアナウンス
13:40 新応援歌で選手を応援
13:46 バックドロップシンデレラ
13:53 2回目のスタメン発表
13:59 選手入場

前半

水戸ホーリーホックのキックオフで試合開始。前半1分、相手陣内で大谷選手のカットから江坂選手のクロスも相手キーパーキャッチ。前半5分ジュニオール選手がボールを奪われ水戸のシュートは、中村選手正面でキャッチ。中村選手からのパスから始まり、サビィオ選手のクロスをクリスティアーノ選手が合わせるもゴールキック。

前半11分、柏レイソルのカウンター、相手キーパーのクリアボールを江坂選手が拾いシュートも相手ディフェンダーのブロックにあう。前半12分、水戸の2度決定機を中村選手と染谷選手が防ぐ

前半15分、柏レイソルのコーナーキック、競り合いのこぼれ球を染谷選手が押し込み、レイソル先制。この時点で染谷選手2点分の貢献

前半17分、瀬川選手の体を張ったクリアから柏レイソルのカウンター、クリスティアーノ選手のクロスは、ジュニオール選手には合わず。

前半20分、ゴールキーパーのキックから水戸の攻撃、ワンタッチパスの連携から柏レイソルのゴール付近まで迫るも相手のミスからレイソルのカウンター、サビィオ選手のドリブルから最後は、瀬川選手のクロスも相手選手のクリア

柏レイソルのゴール付近まで、水戸の攻撃は徹底してワンタッチパスの連携。ワンタッチパスの連携なので、攻撃が早く鋭く感じる。

前半27分、水戸の攻撃、ワンタッチでゴール前の選手に落としシュートも枠を外れる。

前半28分、クリスティアーノ選手のクロスをサビィオ選手があわせるもミートせず相手キーパーキャッチ。

前半31分、水戸の攻撃を高橋選手がクリアしようとしたところ水戸の選手との接触。この接触がファール判定にならずそのまま水戸の攻撃。右サイドのクロスから、木村選手がヒールで流し込み、同点

前半35分、柏レイソルの攻撃も最後の連携が合わず逆に水戸のカウンター。カウンターを防ぐため、江坂選手にファール判定。少し距離のあるフリーキックを浜崎選手が直接ゴールを狙う。中村選手は逆を突かれた形になり、水戸の逆転ゴール。

前半40分、ジュニオール選手がペナルティエリア内で倒されるもノーファール。前半43分、江坂選手のパスからカウンター攻撃につながる。ジュニオール選手のシュートはキーパーにはじかれるもクリスティアーノ選手のシュートがゴールとなり、柏レイソル同点。

ロスタイムは1分、柏レイソルがボールを回して前半終了。

前半、柏レイソルの攻撃は、雨の影響もあるのか、選手の入れ替わりの影響か少しパスが長かったり、連携が合わなかったり正直上手くいっていない。逆に水戸のワンタッチパスでの連携がよかった。前半のうちに同点に追いつけた展開はすごい良かった。

後半

両チームとも選手交代は無し。柏レイソルのキックオフで試合開始。

後半1分、水戸の攻撃、柏レイソル右サイドに深く入り込み中に入れるが、柏レイソルのクリア。

後半4分、ハーフエーライン付近から江坂選手の上手いトラップからドリブルからシュートも相手ディフェンダーにあたりコーナーキック。

後半5分、柏レイソルのコーナーから水戸のカウンターへ、キーパーと1対1になる決定機も中村選手の上手い飛び出しにより相手のシュートはゴールを外れる

後半7分、ジュニオール選手の体の強さから抜け出し重戦車ドリブルを展開するも最後のタッチのコントロールが流れ相手キーパーキャッチ

後半14分、水戸のカウンター、変わらずワンタッチでボールをつなぐので早いカウンターになり最終的にはコーナーに。このコーナーは中村選手へのファールで柏レイソルボールになる。

後半16分、柏レイソルが分厚い攻撃を仕掛ける。ゴールにはならないものの、徐々に柏レイソルが押しこめる展開に。

後半18分、ここで柏レイソル選手交代。三原選手から手塚選手へ。

後半20分、クリスティアーノ選手からのスローインを江坂選手が受けて左足でシュート。愛媛戦を思い出すナイスシュートであったが相手キーパのナイスセーブにより防がれる。

後半24分頃から、水戸のワンタッチパスの攻撃を大谷選手が何度かカットし相手の攻撃を防げるようになる

後半27分、柏レイソル選手交代、ジュニオール選手から細谷選手。この時間帯は、柏レイソルの流れであったのでここでの交代は個人的には疑問が残る

後半29分、大谷選手からクリスティアーノ選手へ渡りカウンターも相手ディフェンダーに止められコーナーキックへ。

後半31分、水戸が選手交代を実施。この後の水戸の流れのワンタッチパスの連携攻撃、最後は左サイドのクロスをなぜかフリーの清水選手のシュートが決まる。

後半34分、手塚選手のクロスを高橋選手が折り返し江坂選手がヘディングシュートをするも弱くキーパーキャッチ。

後半39分、柏レイソル選手交代、江坂選手からガブリエル選手へ

この後、レイソルも時折分厚い攻撃を仕掛けるも得点を奪えず。

後半43分のフリーキック、手塚選手もボールにいるが、蹴る気満々のクリスティアーノ選手。フリーキックを蹴るも相手選手の壁に当たりロスタイムに、ロスタイムは3分

ロスタイムは、柏レイソルが遠目からのクロスも相手ディフェンダーにはじかれ、このまま試合終了。

試合の感想

上手く感想を書けない試合。先制点を取り、逆転されても同点に追いついた。特に後半はレイソルが押し込める展開が多々あったなぜ負けたのか全く理解できない

正直采配が上手くいったとは思わない。逆に、後半27分の交代により流れが一瞬水戸に行ってしまったように思う。でも水戸の3点は素晴らしいゴールだった。連携もシュートも両方良かった。そこは否定できない。

レイソルが悪かったと言うよりは、水戸が良かった試合だったと思う。でもホームで負けるのはきつい。負けプラス水戸サポーター歓喜の応援を聞くことになるので余計きつい。

2連敗! 次は千葉ダービー。残念ながらDAZNでの観戦になるが、勝つことを信じ応援する!

▼DAZNのジャッジリプレーは面白い!
DAZN

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください