雑記

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン改定内容について

はじめに

2021年2月9日に柏レイソルの公式HPでもお知らせがありましたが、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン改定に伴う 試合開催方針に基づき来場者上限についてのお知らせがありました。

2021シーズンももうすぐ開幕となりますが、その前にガイドライン改定に伴う試合開催方針の内容を確認してみようと思います。

Jリーグから案内されているお知らせの内容をまとめますので、参考にしていただければと思います。

 

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン改定に伴う試合開催方針について

  • Jリーグは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の有観客試合におけるガイドラインを改定
  • 試合開催時の来場人数等の方針を下記のとおり決定

政府による緊急事態宣言の概要(令和3年2月2日時点)

項目 内容
対象区域 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県
対象期間 3月7日(日)まで
来場者上限 5,000人、かつ、50%以下
開催時刻 20時までの営業時間短縮への働きかけ
酒類の提供 11時から19時まで

試合開催方針

①のパターン

項目 内容
ホームチーム 緊急事態区域
アウェイチーム 緊急事態宣言区域・区域外両方とも
上限人数 5,000人、かつ、50%以下
ビジター席 設置無し
キックオフ時刻 18時以前(20時まで試合終了)
アルコール販売 可 19時まで
座席間隔 1席空け
チケットプロトコル 超警戒態勢

②のパターン

項目 内容
ホームチーム 緊急事態区域外
アウェイチーム 緊急事態区域
上限人数 50%
ビジター席 設置無し
キックオフ時刻
アルコール販売
座席間隔 1席空け
チケットプロトコル 警戒態勢

③のパターン

項目 内容
ホームチーム 緊急事態区域外
アウェイチーム 緊急事態区域外
上限人数 50%
ビジター席 設置あり
キックオフ時刻
アルコール販売
座席間隔 1席空け
チケットプロトコル 警戒態勢
  • 緊急事態宣言およびその延長に伴い、緊急事態宣言対象区域に指定された都府県で開催する試合については、政府より通達されたイベント開催制限に則り、試合を開催
  • 緊急事態宣言対象区域の自治体(独自の緊急事態宣言を発出している都道府県含む)より、県境をまたぐ移動制限の要請が出されている都道府県もあることから、ホームもしくはビジタークラブのいずれかが緊急事態宣言対象区域の場合においては、ビジター席の設置を控え、緊急事態宣言区域への人の移動および緊急事態宣言区域からの人の移動による感染拡大の防止に努める
  • 緊急事態宣下の地域またはそれに準じる宣言が発令されている地域においては、チケッティング、ファン・サポーターは「超厳戒態勢」を適用

段階的な緩和のステップ(緊急事態宣言解除後の対応)

ステップ1

  • 上限5000人もしくは収容率50%の少ないほう
  • ビジター席なし

ステップ2-①:収容人数2万人以上のスタジアム

  • 最低1試合
  • 上限30%まで
  • ビジター席は任意
  • 相手チームが緊急事態区域の場合はビジター席なし

ステップ2-②:収容人数2万人未満のスタジアム

  • 上限50%まで
  • ビジター席は任意
  • 相手チームが緊急事態区域の場合はビジター席なし

ステップ3

  • 上限50%まで
  • ビジター席は3%以上必須
  • 相手チームが緊急事態区域の場合はビジター席なし

段階的な緩和のための具体的な手続き(2021年2月8日 改定)

手続き手順
  • STEP1
    緊急事態宣言解除が確認されたのち、5,000人上限から50%上限へと緩和するにあたり入場可能数が20,000人以上のスタジアムで開催する場合は、下記の段階的な緩和のステップを踏む
    • ステップ1(現状):上限5,000人もしくは収容率50%の少ないほうとし、ビジター席は設置しない
    • ステップ2:30%上限(最大1万人)での運営を1試合以上行いステップ3へ移行する。ビジター席はクラブが状況に応じて判断する
    • ステップ3:50%を上限とし、ビジター席は原則3%以上を設置する
  • STEP2
    入場可能数20,000人未満のスタジアムで開催する場合も、段階的な緩和策として、ステップ3へ移行する前にステップ2(ビジター席はクラブにて判断する)という段階を踏むことができる
    ※緊急事態宣言が全国的に解除される頃合いを見計らい、リーグ全体でステップ3へ移行する時期を検討する
  • STEP3
    ステップ2から3への移行時には、安全(ガイドラインを遵守できること)を確認する。ステップアップを希望するクラブは試合終了後、Jリーグに感染対策リポートを提出する
  • STEP4
    ステップ2におけるビジター席の設置はクラブ任意とする。ただし、ビジターチームが緊急事態制限区域にある場合は設置しない。
  • STEP5
    ステップ3へ移行する際には、必ずビジター席を設ける。ビジター席数は、発売チケット数の3%を下限とする。ただし、ビジターチームが緊急事態制限区域にある場合は設置しない。
  • STEP6
    緊急事態宣言解除後も、自治体によってまん延防止等重点措置が講じられる場合などで上記の緩和ステップよりも厳しい基準が設けられることがある。その場合は自治体の基準が優先される。該当する場合はJリーグへ報告すること

まとめ

今回は、2021年2月8日にJリーグから発表された、新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン改定に伴う試合開催方針の内容をまとめました。

無観客で実施するという事では無くなり少し安心しましたが、柏レイソルの場合、恐らく上限5,000人での運用になると思われます。

チケットを入手することが難しいことから、現地での観戦することができるかわかりませんが、DAZNなどを活用して観戦をしたいと思います。

まずは早く、ステップ3に移行できるように願いたいと思います。

これからも色々あると思いますが、Jリーグが継続して試合ができていることに感謝しつつ、引き続き柏レイソルを応援していきたいと思います。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください