試合

3度目の2連勝!:2021シーズン J1リーグ 第27節 柏レイソル 対 横浜FC 試合結果

試合結果

柏レイソル 横浜FC
前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
前半29分:瀬川選手
後半26分:クリスティアーノ選手

横浜FC
前半33分: 渡邉選手

【選手交代】

柏レイソル
後半38分:細谷選手⇒アンジェロッティ選手
後半38分:ヒシャルジソン選手⇒三原選手
後半42分:大南選手⇒高橋(祐)選手
後半42分:川口選手⇒高橋(峻)選手
後半46分:瀬川選手⇒マテウス サヴィオ選手

横浜FC
後半9分:アルトゥール シルバ選手⇒小川選手
後半28分:渡邉選手⇒フェリペ ヴィゼウ選手
後半28分:マギーニョ選手⇒前嶋選手
後半42分:高木選手⇒袴田選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル 横浜FC
ボール支配率(%) 48 52
シュート(本) 14 7
枠内シュート(本) 3 2
走行距離(km) 109.843 113.748
スプリント(回) 178 179
パス(本) 412 421
パス成功率(%) 74.3 73.6
フリーキック(本) 11 14
コーナーキック(本) 2 5

※引用元:Sportsnavi

ハイライト

 

スタメン

フォーメーションは、5ー3-2。スタメンは、前節とほとんど同じスタメンでした。

右サイドのセンターバックには、大南選手が久しぶりのスタメンとなりました。また、ベンチメンバーに神谷選手が戻ってきました。

ペドロハウル選手、武藤選手が前節に続きベンチ外となっておりました。

  • フォーメーションは、5ー3-2
  • 2トップには、瀬川選手と細谷選手
  • 右サイドのセンターバックには、大南選手
ベンチメンバー

佐々木選手、高橋(祐)選手、高橋(峻)選手、三原選手、マテウスサヴィオ選手、神谷選手、アンジェロッティ選手

関連記事:スタメン予想:2021シーズン J1リーグ 第27節 柏レイソル 対 横浜FC

スタメン予想:2021シーズン J1リーグ 第27節 柏レイソル 対 横浜FCはじめに 前節、ワンチャンスをものにし徳島ヴォルティスに勝利した柏レイソル。 いよいよ明後日は、リーグ戦19位の横浜FCとの試合...

前半

横浜FCのキックオフで試合開始。

【前半15分経過】
柏レイソルの方が少しボールを保持する展開。横浜はロングボールが多い印象。柏レイソルはいい位置でボールを奪えておりチャンスも比較的多く作れている。ただ、シュートまでは行けていない。良い流れではあるので、流れが良い時にゴールを奪いたいところ

前半29分
柏レイソルのチャンス。横浜DFのクリアを戸嶋選手が拾い、クリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手のクロスのクリアを戸嶋選手がシュート。戸嶋選手のシュートを瀬川選手が方向を変えゴール。柏レイソル先制点を奪う。1-0

【前半30分経過】
前半15分と同様に柏レイソルが攻勢な展開が続く。なかなか決定機までいかないが、前節同様相手のミスを突き先制点を奪う。このまま攻勢に試合をすすめたい。

前半33分
横浜FCのセットプレー。瀬古選手のキックに渡邉選手が上手くヘディングで合わせ、横浜FC同点。1-1

前半40分
柏レイソルPKを獲得。ペナルティエリア内で瀬川選手が倒されPKを獲得。クリスティアーノ選手がゴール枠を外し柏レイソル追加点ならず。

ロスタイムは2分
このまま前半終了。1-1

【前半総括】

  • 前半は柏レイソルの攻勢で試合が進む。
  • 攻勢の中、先制点を奪うが、セットプレーで同点に追いつかれ試合は振り出しに。
  • 柏レイソルは、その後も良い攻めを続けPKを獲得するが、追加点ならず
  • ピンチを招きかねないミスが少しあるので注意したいところ。後半もチャンスを活かし得点を奪いたいところ。

 

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始
両チームとも選手交代は無し。

【後半60分経過】
後半も柏レイソルの攻勢で試合が進む。チャンスは作れているので決定機を作りたいところ。攻守の切り替わりが激しくなってきているので、カウンターに気を付けつつチャンスをものにしたい。

後半70分
柏レイソルのカウンター。クリスティアーノ選手から瀬川選手へ、瀬川選手がキープし優しいパスをクリスティアーノ選手へ、クリスティアーノ選手が豪快に蹴りこみ柏レイソル追加点。2-1

【後半75分経過】
柏レイソルの攻勢な展開で試合が進み、その中でクリスティアーノ選手のゴールで追加点を奪う。残り15分。選手交代ものあり勝負の時間帯に入ってきた。このまま守り切り勝利したいところ。前半失点したセットプレーには注意したい。

ロスタイムは5分
このまま2-1で試合終了。

【後半総括】

  • 柏レイソルは、後半も前半同様に攻勢に試合を進める。
  • 攻勢に進めた試合展開の中で、クリスティアーノ選手のゴールで追加点を奪う。
  • 守備もセットプレー以外は、横浜FCにはチャンスを与えず勝利。

 

試合の感想

横浜FCとは今シーズン4度目の対戦でやっと勝利を掴むことが出来た。

勝利してほしいと思うような試合展開できっちり勝利できたのは、少し勝負強さが戻ってきたのかもしれない。

試合展開も横浜FCにほとんどチャンスを与えず、柏レイソルの良い攻撃が出来ていたと思う。

  • 瀬川選手、クリスティアーノ選手の得点
  • キムスンギュ選手のセーブ
  • 2連勝
  • セットプレーからの1失点

降格争いを考えると横浜FC相手に勝点3を取れたのは本当に良かった。

代表戦のため次節は、9月12日(日)となる。選手達には少し休みつつ良い準備をして次節を迎えて欲しい。

次節は、FC東京との対戦となる。前回対戦では、0-4と今シーズン一番の失点で敗戦している。是非ともその時の借りを返してもらいたい。

まだまだ厳しい戦いが続くが、柏レイソルの勝利を信じを応援したいと思います。

最後まで内容を確認して頂き、ありがとうございます。

参考)2021年8月29日時点での柏レイソル暫定順位:14位

関連記事:2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2021シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2021 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2021年9月13日 YBCルヴァンカップ 更新日...

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください