試合

ついに戻ってきた!:2020 J1リーグ第20節 横浜FC 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

横浜FC 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

柏レイソル
前半5分:オルンガ選手
後半31分:オルンガ選手
後半46分:大谷選手

【選手交代】

横浜FC
後半12分:松浦選手⇒斉藤(光)選手
後半12分:瀬沼選手⇒一美選手
後半33分:安永選手⇒瀬古選手
後半33分:レアンドロ ドミンゲス選手⇒齋藤(功)選手
後半40分:佐藤選手⇒皆川選手

柏レイソル
後半6分:神谷選手⇒仲間選手
後半12分:クリスティアーノ選手⇒呉屋選手
後半43分:北爪選手⇒山下選手
後半43分:三原選手⇒大谷選手

【スタッツ】

項目 横浜FC 柏レイソル
ボール支配率(%) 61 39
シュート(本) 16 14
枠内シュート(本) 3 5
走行距離(km) 123.5  118.1
スプリント(回) 215  188
パス(本) 644 405
パス成功率(%) 87 80
フリーキック(本) 15 10
コーナーキック(本) 7 1

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

ついにあの男がスタメンに戻ってきました。皆さんも待ち望んでいたクリスティアーノ選手がスタメンに復帰、神谷選手も久しぶりのスタメンとなりました。

これまですべての試合でスタメンだった江坂選手がベンチ外となっておりました。情報は無いのですが、恐らく先日のオルンガ選手と同様に休ませるためだと思っております。

フォーメーションは、5-3-2。キャプテンマークを古賀選手がつけていました。

  • フォーメーションは、5-3-2
  • 3バックには、古賀選手、大南選手、北爪選手
  • 2トップにオルンガ選手とクリスティアーノ選手
ベンチメンバー

滝本選手、高橋(峻)選手、山下選手、大谷選手、呉屋選手、仲間選手、鵜木選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第20節 横浜FC 対 柏レイソル

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第20節 横浜FC 対 柏レイソルはじめに 本日から10月に入りました。10月は日本代表戦も開催されますが、Jリーグも引き続き開催されます。 いよいよ明後日(10...

試合前

本日は、ニッパツでの試合。引き続きDAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 戦術のところで人が変わっているので一人一人の役割を確認してきた。
横浜FC:下平監督 特に攻撃のところからのトランジションのところはやってきた。久しぶりにホームで出来るという事なので、ホームでお客さんも増えて入ってきているので、そういった方々にもしっかりいい試合をして勝ちを見せられるようにと。メンバー見た中ではシステムとか立ち位置がわからないところがあるが、ゲームが始まってからしっかり把握して自分たちで判断していく。

前半

横浜FCのキックオフで前半開始。

前半5分
柏レイソルの速攻。古賀選手から三原選手、クリスティアーノ選手と渡る。クリスティアーノ選手がオルンガ選手へ。ペナルティエリア内に入ったオルンガ選手がシュートを放ちゴールネットを揺らす。柏レイソル開始早々先取点を奪う。1-0

【前半15分経過】
試合開始早々レイソルが攻め込む。クリスティアーノ選手のパスからオルンガ選手のホットラインで先制。先制後は横浜FCがボールを保持する展開が続く。柏レイソルの守備がいいのもあるが横浜FCはゆっくり攻めてくる。横浜FC側のラストパスが合わないことが多いので、柏レイソルとしては助かっている。柏レイソルとしてはもう少しボールを保持したいところ。

前半27分
横浜FCの攻撃。ヒシャルジソン選手が安永選手に奪われ、マギーニョ選手、松尾選手と渡り松尾選手がノーマークでシュート。シュートはキムスンギュ選手の正面でキャッチ。

前半30分
横浜FC決定的チャンス。マギーニョ選手からのパスをレアンドロドミンゲス選手がダイレクトで瀬沼選手へ。瀬沼選手が抜け出すが、キムスンギュ選手と神谷選手の守備でシュートはゴール枠を外れる。

【前半30分経過】
横浜FCペースで進んだ15分。柏レイソルはなかなかボールを保持できない。中盤でもキープが出来ていないのでほとんど横浜FCがボールを保持している。横浜FCは柏レイソルの最終ラインと中盤との間のスペースをレアンドロドミンゲス選手が有効に使い始め、チャンスを作り出している。柏レイソルはもう少しボールを保持したい。

前半37分
オルンガ選手のポストプレーから三丸選手へ。三丸選手が左サイドからクロスを上げる。オルンガ選手がヘディングで合わせるが、ボールはゴール枠を外れる。

前半40分
北爪選手のからクリスティアーノ選手縦パスが相手DFに当たり右サイドを抜け出す。川口選手がそのボールに追いつきクロスを上げる。オルンガ選手が合わせるがシュートはゴール枠を外れる。

ロスタイムは2分
ヒシャルジソン選手の強烈なシュートもあったが、ロスタイムはそのまま終了し1-0で前半終了

【前半総括】

  • 柏レイソルは開始早々に先制
  • だが、先制後は横浜FCペースで試合が進む。
  • 中盤でのボール保持も横浜FCが上回っている。
  • 柏レイソルは守備に追われる時間が長いので、前節の横浜F・マリノス戦同様、後半息切れしないか心配
  • 柏レイソルは、ボールを奪ってもミスですぐに横浜FCボールになってしまうので、もう少しボールを大事にしたい

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始
両チームとも選手交代なし。

後半52分
センターライン付近で安永選手からのバックパスをオルンガ選手がカット。オルンガ選手がそのままドリブルで独走。完全に抜け出しシュートを放つが強烈なシュートは、ゴール左を外れる。決定機なので決めたかった。

【後半60分経過】

横浜FCペースで進む。柏レイソルは、もったいないプレーが多く横浜FCにすぐボールを渡してしまう。柏レイソルの攻撃は、オルンガ選手の単体攻撃のみとなっている。前節の横浜F・マリノス戦の後半を思い出してしまう。横浜F・マリノス戦と同様にならないことを願う。

後半63分
三丸選手の早いスローインから柏レイソルチャンス。オルンガ選手が左サイドを抜け出し、中央の呉屋選手へ。残念ながら六反選手の飛び出しで呉屋選手に通らず。

後半66分
右サイドの空いているスペースに北爪選手のフィード。川口選手がドリブルでボールを持ち込みペナルティエリア内に。そのまま中央へ折り返し仲間選手がシュートを放つが、シュートはゴール右を外れる。

後半68分
横浜FC陣内中央でパスを受けた三原選手が三丸選手へ。三丸選手がクロスを上げる。仲間選手がヘディングで合わせるがボールはゴール右に外れる。(これは決めたかったところ)

後半74分
松尾選手が左サイドを抜け出し横浜FCチャンスに。松尾選手がそのままドリブルで抜け出し、グラウンダーのパスを袴田選手へ。袴田選手が強烈なシュートを放つがゴール右に外れる。

【後半75分経過】
後半60分から70分頃までは、仲間選手のシュートなどもあり柏レイソルも攻められている。後半70分以降は、横浜FCのペースで防戦一方になりつつある。前節はこの時間帯から逆転されたので、この試合では、このまま守り切って欲しい。

後半76分
川口選手の柔らかいフィードがオルンガ選手へ。オルンガ選手がトラップで相手DFをかわしそのまま左足でのシュートがゴールに突き刺さる。柏レイソル苦しい状況だったがオルンガ選手の個人技で追加点をもぎ取る。1-0

後半81分
柏レイソルの速攻。古賀選手のフィードを仲間選手がバックヘッドで呉屋選手へ。呉屋選手がダイレクトでオルンガ選手へ。オルンガ選手が相手DFをひきつけ仲間選手へパス。仲間選手がシュートを放つが相手DFブロックでゴールならず。

後半89分
センターライン付近で呉屋選手がボールを奪い柏レイソルカウンター。呉屋選手がそのままドリブルで持ち込み強烈なシュートを放つが六反選手が弾きゴールならず。

ロスタイムは5分

後半91分
柏レイソルコーナーキックの流れから右サイドの川口選手へ。川口選手が柔らかいクロスを上げる。ノーマークの大谷選手のヘディングシュートがゴールネットを揺らし柏レイソル3点目。3-0

そのまま試合終了。3-0で柏レイソルの勝利

【後半総括】

  • 後半75分までは横浜FCのペースで試合が進む
  • 苦しい状況の中、後半76分のオルンガ選手の個人技で貴重な追加点を奪う
  • ロスタイムに大谷の3点目で試合をほぼ決める。

試合の感想

柏レイソルの先制後は、横浜FCの時間帯が多かった試合。後半76分にオルンガ選手の得点で追加点を奪えたことが非常に大きかったと思う。

また、クリスティアーノ選手、神谷選手が戻ってきたことにより、途中交代で呉屋選手、仲間選手、大谷選手、山下選手等、レギュラークラスの選手が試合終盤の体力的に厳しい状況で選手交代ができたことも大きい。(横浜F・マリノス戦とは違い有効な選手交代ができた。)

  • オルンガ選手、大谷選手の得点
  • クリーンシート
  • クリスティアーノ選手、神谷選手の復帰
  • もう少し試合を優位に進めるためにもボールを保持したい。

横浜F・マリノス戦と同様な試合展開にならなかったのは非常に良かった。(ほっとした)また、昨シーズンから勝利できていなかった横浜FC相手から勝利できたことは素直にうれしい。

勝利もうれしいが、クリスティアーノ選手、神谷選手が復帰したのは本当にうれしい。

水曜日はルヴァンカップ準決勝。対戦相手は前節敗戦している横浜F・マリノス戦となるが是非とも勝利し決勝進出を期待したい。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください