試合

天皇杯敗退:天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 ヴィッセル神戸 対 柏レイソル 試合結果

はじめに

どうも!Taruta(たるた)です。

今日は別のノートパソコンのセットアップをしていたのでブログを書く時間が遅くなりました。

パソコンのセットアップが上手くいき、思ったより早くパソコンが動作することに感動している今日この頃です。

皆さんはどんな一日を過ごしましたが?良い一日を過ごせていれば幸いです。

それでは本題。

本日行われた天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 ヴィッセル神戸 対 柏レイソルの試合結果をまとめますので参考にして頂ければと思います。

試合結果

ヴィッセル神戸 柏レイソル
1 前半
後半 1
2 合計 1

【得点】

ヴィッセル神戸
前半40分:佐々木選手
後半41分:初瀬選手

柏レイソル
後半16分:椎橋選手

【選手交代】

ヴィッセル神戸
後半8分:ボージャン クルキッチ選手⇒汰木選手
後半18分:佐々木選手⇒山口選手
後半18分:井上選手⇒酒井選手
後半39分:中坂選手⇒アンドレス イニエスタ選手
後半39分:郷家選手⇒菊池選手

柏レイソル
後半15分:山田選手⇒細谷選手
後半28分:マテウス サヴィオ選手⇒戸嶋選手
後半28分:武藤選手⇒ドッジ選手

【スタッツ】

項目 ヴィッセル神戸 柏レイソル
シュート(本) 9 15
オフサイド(本) 2 0
フリーキック(本) 7 11
コーナーキック(本) 3 7
PK(本) 0 0

※引用元:Sportsnavi

 

ハイライト

 

スタメン

  • リーグ戦のサガン鳥栖と同じスタメンでした。
  • フォーメーションは、3-5-2
  • 武藤選手、小屋松選手の2トップ
  • 2列目は山田選手、マテウスサヴィオ選手
  • 両サイドには、三丸選手、川口選手
  • アンカーの位置に、椎橋選手
  • 3バックは、古賀選手、上島選手、高橋選手
  • GKは、佐々木選手

 

ベンチメンバー

松本選手、土屋選手、ドッジ選手、岩下選手、戸嶋選手、加藤選手、細谷選手

関連記事:スタメン予想:天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 ヴィッセル神戸 対 柏レイソル

スタメン予想:天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 ヴィッセル神戸 対 柏レイソルはじめに どうも!Taruta(たるた)です。 今日は、FC東京の永井選手が名古屋グランパスへ完全移籍するとのお知らせがありまし...

前半

ヴィッセル神戸のキックオフで前半開始

【前半15分経過】
最初の5分は、柏レイソルが押し込む展開。セカンドボールを良く拾えている。少しボールを保持される時間を作られはじめるが、しっかり守備が出来ている。シュートまで行けていないので、シュートまでの形を作りたいところ。

【前半30分経過】
神戸がボールを保持する時間帯が増えたものの、柏レイソルは引き続きしっかり守れている。一度決定機もあり、チャンスは作れはじめているので、回数を増やしたいところ。佐々木選手のビックセーブあり。少し試合が動いてきた。15分間

前半40分
ヴィッセル神戸のコーナーキック。佐々木選手のコーナーキックがそのまま決まり神戸先制。0-1

ロスタイムは2分
このまま前半終了 0-1

【前半総括】

  • 柏レイソルが押し込む展開で始まった前半。
  • 徐々に神戸がボール保持する展開も柏レイソルも決定機を作る。
  • 悪くない試合展開の中でセットプレーから失点。

 

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始。
両チーム共に選手交代なし。

【後半60分経過】
後半開始も前半に引き続き柏レイソルが攻める展開も、神戸がボールを保持する試合展開に。柏レイソルもチャンスは作りはじめているので、得点を奪いたいところ。神戸も攻撃がシュートまで行くので守備もキッチリしたい。

後半61分
柏レイソルのチャンス。細谷選手のシュートは弾かれるがこぼれ球を小屋松選手が拾い、落としたボールを椎橋選手が素晴らしいゴールで柏レイソル同点 1-1

【後半75分経過】
柏レイソルは良い攻撃が出来ている中で、同点に。同点後も良い攻撃を見せる。神戸も攻撃が早くなり、攻守の切り替わりの早い展開に。残り15分。逆転したいところ

後半86分
飯倉選手のパスに初瀬選手が抜け出し完全にフリーでゴールを決め神戸勝ち越し。1-2

ロスタイムは5分
このまま試合終了 1-2で敗戦。

【後半総括】

  • 後半も柏レイソルが良い守備から良い攻撃で同点に追いつく。
  • 同点後は攻守の切り替わりが激しい試合展開になるも、押し気味に試合を進める。
  • 神戸のGKから1本の縦パスで失点しそのまま試合終了

 

試合の感想

残念ながら天皇杯敗退。

少し選手を入れ替えると思われたがサガン鳥栖戦と同じスタメン。

選手を入れ替えてきた神戸相手に、ボールは保持されつつもチャンスを作り、柏レイソルが押し気味で試合を進めていたので、勝利が欲しかったのは正直な感想。

  • 椎橋選手のゴール
  • セットプレーでの失点!
  • 1本のロングパスでの失点!
  • 天皇杯敗退

試合内容としては悪くなかった。どちらかと言えば押し気味に進めていたので、失点の仕方さえ改善できればとは思う。

残念ながら天皇杯敗退。すぐに今週末の7月16日(土)にはコンサドーレ札幌戦となる。

アウェイ2連戦、長い移動距離、中2日での試合と厳しい状況ではあるが選手達には頑張って欲しい。

最後まで内容を確認して頂き、ありがとうございます。

これからも色々あると思いますが、Jリーグが継続して試合ができていることに感謝しつつ、引き続き柏レイソルを応援していきたいと思います。

関連記事:2022シーズン 柏レイソル 試合日程一覧

2022シーズン 柏レイソル 試合日程一覧2022 明治安田生命J1リーグ 柏レイソル 試合日程一覧 更新日:2022年8月6日 YBCルヴァンカップ ...

▶Jリーグ観るならDAZNで!!

DAZN
ABOUT ME
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください