試合

後半戦につながる勝ち点1!:2020 J1リーグ第17節 柏レイソル 対 サンフレッチェ広島 試合結果

試合結果

柏レイソル サンフレッチェ広島
1 前半 1
0 後半
1 合計 1

【得点】

柏レイソル
前半47分:北爪選手

サンフレッチェ広島
前半9分:ドウグラス ヴィエイラ選手

【選手交代】

柏レイソル
後半35分:三原選手⇒ヒシャルジソン選手
後半41分:呉屋選手⇒仲間選手
後半44分:山下選手⇒鎌田選手

サンフレッチェ広島
後半8分:森島選手⇒レアンドロ ペレイラ選手
後半16分:柏選手⇒東選手
後半16分:浅野選手⇒ハイネル選手
後半35分:土肥選手⇒茶島選手
後半35分:ドウグラス ヴィエイラ選手⇒エゼキエウ選手

【スタッツ】

項目 柏レイソル サンフレッチェ広島
ボール支配率(%) 50 50
シュート(本) 19 6
枠内シュート(本) 3 3
走行距離(km) 113.1  111.9
スプリント(回) 190  187
パス(本) 463 492
パス成功率(%) 73 76
フリーキック(本) 15 14
コーナーキック(本) 10 6

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

スタメン

山下選手が怪我から復帰しスタメンに戻ってきました。右サイドバックに北爪選手が入っていましたが、中盤は前節同様のスタメンですが、広島の柏選手の対策として戸嶋選手が右サイドに入っていました。

  • フォーメーションは、4-3-1-2
  • 山下選手が怪我から復帰
  • 北爪選手が右サイドバックに入っていました。

 

ベンチメンバー

滝本選手、鎌田選手、高橋(峻)選手、ヒシャルジソン選手、仲間選手、細谷選手、鵜木選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第17節 柏レイソル 対 サンフレッチェ広島

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第17節 柏レイソル 対 サンフレッチェ広島はじめに 日曜日の敗戦から数日がたちましたが、敗戦の悔しさは癒えておりません。 しかし試合はやってくるもので、明後日の9月19日...

試合前

本日は、三協フロンテア柏スタジアムの試合ですがDAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 非常に重要な一戦となる。我々がやるべきことをやっての勝利が後期に戦いを進めるうえで大事な弾みになる。
サンフレッチェ広島:城福監督 中々ない大量失点での敗戦の後のため、しっかりメンタル的な部分を立て直す事と我々がどこに立ち返るのかという事をみんなで確認した。

前半

サンフレッチェ広島のキックオフで前半開始

前半2分
三丸選手のクロスが流れたが、呉屋選手が拾い戸嶋選手へ、戸嶋選手のクロスをオルンガ選手が右足で合わせるが、広島の林選手がセーブ。

前半8分
早くも試合が動く。左サイドをワンツーで抜け出した柏選手が中央のドウグラス ヴィエイラ選手へクロスを上げる。ドウグラス ヴィエイラ選手がヘディングで押し込み広島先制。0-1

【前半15分経過】
前半開始早々は柏レイソルが何度かゴールに迫る。前半9分の広島の先制点からは広島ペースで試合が進む。広島の攻撃はテンポの速いパス回しで攻める。失点後の柏レイソルはセカンドボールがあまり拾えていない。広島ペースで試合が進む。

前半19分
広島のパスミスからレイソルチャンスに。三丸選手が江坂選手にダイレクトでパス。パスを受けた江坂選手が呉屋選手へ、呉屋選手が中へ折り返すがオルンガ選手には合わず。

【前半30分経過】
柏レイソルは、セカンドボールが拾えないので分厚い攻撃ができていない。また柏レイソルの攻撃は速攻がなく広島が守備体系が整った段階での攻撃なのであまり有効な攻撃にならない。広島は守備への切り替えも早い印象

前半35分
またしても右サイドを崩される。ドウグラス ヴィエイラ選手のパスに柏選手が抜け出す。ペナルティエリア内でノーマークの浅野選手にパスをだすが浅野選手のシュートはゴール枠を外れる。(柏選手を止めないと、また点を取られそう)

前半40分
柏レイソルに決定的チャンス。三丸選手のロングフィードに広島の佐々木選手と林選手とオルンガ選手が競り合う。佐々木選手と林選手が交錯したところオルンガ選手が抜け出し決定的チャンスに。オルンガ選手が右足でシュートを放つが、荒木選手のクリアでゴールならず。

ロスタイムは2分

前半47分
オルンガ選手のポストプレーからレイソルカウンター。オルンガ選手からボールを受けた江坂選手が逆サイトに走りこんでいた北爪選手へ。北爪選手がワントラップから強烈なシュートを広島ゴールに突きさす。柏レイソル同点。1-1

柏レイソルが同点に追いついき前半終了

【前半総括】

  • 広島はテンポの速い攻撃から先制
  • 前半30分過ぎまでは広島ペースで試合が進むが徐々に柏レイソルがボールを保持できる展開に
  • ただ柏レイソルの攻撃時には広島のブロックができているので、なかなか決定的な場面は作れない
  • ロングボールも呉屋選手、オルンガ選手から次につながらない。
  • 広島の切り替えも速いのでカウンターが不発になる
  • このまま前半終了かと思われたが、北爪のシュートで同点で折り返す。このゴールは大きい

後半

柏レイソルのキックオフで試合開始。
両チームとも選手交代は無し。

後半53分
柏レイソルの速攻。オルンガ選手のポストプレーから江坂選手がダイレクトで呉屋選手へ。呉屋選手がドリブル持ち込みペナルティエリア内でDFをかわしシュートを放つが柏選手のクリアでゴールならず。(惜しいシュートだった)

【後半60分経過】
柏レイソルペースで試合が進む。攻守の切り替えが早くなってきたのでスペースができてきた。カウンター時にも前半と違いつながるようになってきたので、柏レイソルがゴールに迫る場面が増えてきた。このペースで試合を進めたい。

後半66分
柏レイソルのフリーキック。三原選手のフリーキックは戸嶋選手へ。戸嶋選手が右からクロスを上げる。オルンガ選手がトラップしたボールを江坂選手にわたる。江坂選手が切り返してDFを外し左足でシュートを放つがゴール右に外れる。

【後半75分経過】
柏レイソルペースで試合が進むが選手交代もあり徐々に広島も攻める展開になってきている。試合としては、どうなるかわからない展開になってきた。

後半77分
広島カウンター。ドウグラス ヴィエイラ選手から東選手へ。東選手のクロスをレアンドロ ペレイラ選手がヘディングで合わせるがキムスンギュ選手のナイスセーブ。柏ゴールを守る。

後半84分
柏レイソルコーナーキック。三丸選手のコーナーキックに呉屋選手がヘディングで合わせるがゴールバーに弾かれる。(惜しかった)

ロスタイムは4分

ロスタイムに柏レイソル決定的チャンスを迎える。鎌田選手からのフィードにオルンガ選手がポストプレーで戸嶋選手に。戸嶋選手が抜け出しシュートを放つが林選手に弾かれる。こぼれたボールをオルンガ選手がシュートを放つが野上選手にブロックされゴールならず。(決めたかった)

このまま試合は1-1で試合終了

【後半総括】

  • 後半開始早々は攻守の切り替えが激しく柏レイソルもカウンターでチャンスもあったがゴールを奪えず
  • 後半75分過ぎからは選手交代もあり広島のペースで試合が進む。
  • 広島ペースで試合が進む中でも後半84の呉屋選手のヘディングやロスタイムの戸嶋選手、オルンガ選手のシュートなどチャンスは作れていた。

試合の感想

攻守の切り替えが早く見ごたえのあった試合。

柏レイソルの方が決定的なチャンスが多かったのでできれば勝ち切りたかった試合。

ただ、選手交代を有効にできた広島と、怪我人が多く有効に使えなかった柏レイソル。その差が後半の試合展開に影響したと思われる。

良いゲームを展開し負けなかったのは、後半戦につながる勝ち点1だったと思う。

  • 勝ち点1獲得
  • 北爪選手の素晴らしいゴール
  • 山下選手の復帰
  • キムスンギュ選手のセーブ
  • 後半ロスタイムの決定的チャンスを逃したところ(決めて欲しかった)

今日のような均衡した試合展開の場合、選手交代は重要な要素になるという事を学ぶことができた。

現状の柏レイソルは怪我人が多いので本日のような試合展開の場合、有効な選手交代を使う事が出来ないため、後半になればなるほど厳しい状況になる。

特に今年は5人まで交代できるため、影響は大きい。こればかりは仕方が無いことだが怪我している選手達が出来るだけ早く回復してくれることを願いたい。

次節から後半戦が始まる。水曜日の開催とまた連戦になるが、選手達には頑張って欲しい。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください