試合

価値ある勝利!:2020 J1リーグ第14節 清水エスパルス 対 柏レイソル 試合結果

試合結果

清水エスパルス 柏レイソル
前半
後半
合計

【得点】

清水エスパルス
後半45分:カルリーニョス ジュニオ選手

柏レイソル
前半35分:呉屋選手
前半37分:江坂選手

【選手交代】

清水エスパルス
後半13分:中村選手⇒後藤選手
後半13分:金子選手⇒西澤選手

柏レイソル
後半7分:ヒシャルジソン選手⇒三原選手
後半18分:中村選手⇒滝本選手
後半39分:川口選手⇒仲間選手
後半39分:大谷選手⇒小林選手

【スタッツ】

項目 清水エスパルス 柏レイソル
ボール支配率(%) 53 47
シュート(本) 14 12
枠内シュート(本) 4 2
走行距離(km) 112.7  107.5
スプリント(回) 147  122
パス(本) 486 381
パス成功率(%) 82 78
フリーキック(本) 13 14
コーナーキック(本) 6 5

※引用元:Sportsnavi

【ハイライト】

 

スタメン

ルヴァンカップ準々決勝のセレッソ大阪戦がベースのスタメンでした。オルンガ選手はベンチ外、クリスティアーノ選手もまだベンチ外となっていました。

  • フォーメーションは、5-3-2(恐らく3-5-2なのかもしれませんが5-3-2の方がしっくりきました。)
  • 2トップに呉屋選手、江坂選手
  • センターバックの右には、川口選手が入っていました。
  • センターバックが怪我でいないこともあり控え選手にDF登録選手がいませんでした。
ベンチメンバー

滝本選手、小林選手、三原選手、仲間選手、山田選手、山崎選手、細谷選手

関連記事:スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第14節 清水エスパルス 対 柏レイソル

スタメン予想:2020シーズン J1リーグ 第14節 清水エスパルス 対 柏レイソルはじめに 昨日のルヴァンカップでの勝利もつかの間、明後日の9月5日は、Jリーグ第14節の清水エスパルス戦になります。 ルヴァンカ...

試合前

本日は、日本平での試合となりますので、DAZNでの観戦です。

項目 コメント
柏レイソル:ネルシーニョ監督 呉屋選手は昨年から相当の得点を積んできている選手。得点ランキングも2位につけていた選手。今のチーム状況を踏まえて今、出場機会を得ているが彼の経験、攻撃的な部分含めて、今日のゲームで結果を出してくれると思っている。
清水エスパルス:ピーター クラモフスキー監督 守備、攻撃に関してすべての要素を練習してきた。タフな試合になると思うが自分たちのサッカーをやって勝ち点3をもたらせればよいと思っている。

前半

清水エスパルスのキックオフで前半開始。

前半1分
柏レイソルいきなりチャンスを迎える。三丸選手から戸嶋選手へ、戸嶋選手が呉屋選手へスルーパス。呉屋選手が裏へ抜け出すがキーパーの飛び出しもありシュートは打てずゴールキックに。

前半4分
ヒシャルジソン選手のパスミスからレイソルピンチに。カルリーニョス選手からドゥトラ選手とのパス交換からドゥトラ選手がペナルティエリア内でシュートを放つ。シュートは鎌田選手がブロックしゴールを守る。

前半5分
清水エスパルスのコーナー。中村選手のコーナーキックに、カルリーニョス選手がフリーで合わせるが、うまく合わずゴールキックに。(レイソル助かる)

前半10分
清水の攻撃を防ぎ、柏レイソルカウンター。ヒシャルジソン選手から戸嶋選手へ、戸嶋選手がそのまま左サイドから中央にドリブルしロングシュート。シュートは枠を外れる。

前半11分
清水のクリアボールを大谷選手が拾い、ヒシャルジソン選手へ、ヒシャルジソン選手からパスを受けた江坂選手がドリブルで持ち込み左足でロングシュート。シュートは枠を外れる。

【前半15分経過】
柏レイソルペースで試合が進む。柏レイソルは、ボールある程度をキープできている。清水の攻撃も早いチェックでボールを奪えており、カウンターもできているので悪くない試合の入りだと思う。戸嶋選手、江坂選手とロングシュートを放っているが少し急ぎすぎな印象。清水の攻撃にはきちんと守備ができているがコーナーキックで危ない場面があったので、セットプレーに注意したい。

前半21分
清水のフリーキック。中村選手がフリーキックを弾くが、こぼれたところを奥井選手がシュートを放つが枠を外れる。

前半29分
三丸選手の縦パスに江坂選手が抜け出し、左サイドからセンターリングを上げる。センターリングはキーパーに弾かれるが、大谷選手、戸嶋選手、ヒシャルジソン選手とつなぎ、ヒシャルジソン選手がペナルティエリア付近中央からシュートを放つが、清水DFの体を張ったブロックに防がれる。

【前半30分経過】
清水もボールを保持でき始める。両チームとも攻めるが決定的な場面まではいかない展開。攻守の切り替わりが早くなってきている。

前半35分
呉屋選手のポストプレーから大谷選手へ、大谷選手から左サイドの三丸選手に展開。三丸選手が低いクロスを上げ、呉屋選手がそのクロスに上手く右足で合わせてゴールを奪う。柏レイソル先制。(動き出しもボールの合わせ方も見事なゴールだった。)1-0

前半38分
三丸選手から縦に戸嶋選手へ、戸嶋選手から中央の江坂選手へ、江坂選手が右足でロングシュートを放つ。このシュートがゴール左に決まり、柏レイソル追加点。(このシュートも素晴らしいシュートだった)2-0

ロスタイムは3分
前半終了間際に柏レイソルの速攻から呉屋がキーパーをかわしてのシュートを放つがゴールを外れる。ここで前半終了。2-0

【前半総括】

  • 前半30分までは柏レイソルのペースな印象。ただ両チームとも決定的なチャンスはつかめていなかった。
  • 前半35分の呉屋のシュートからレイソルが一気に追加点を奪い、試合の主導権を握る。
  • 柏レイソル側は、守備も良く清水にシュートまでいかせていない。
  • サイドチェンジで柏レイソル側の守備の陣形が崩れるところにクロスが入ってくる。
  • イエローカードをもらうことなく、セレッソ戦に続き良い前半戦。ただセットプレーには注意したい

後半

柏レイソルのキックオフで後半開始。
両チームとの選手交代なし

後半45分
後半開始早々に柏レイソルにチャンスが訪れる。戸嶋選手のコーナーキックはクリアされるがヒシャルジソン選手が拾い川口選手へ、川口選手のフィードに北爪選手がヘディングで呉屋選手へ。呉屋選手がシュートを放つが、ゴール枠を外れる。

後半47分
清水の攻撃。ヘナト選手が左サイドでボールを受けそのまま中央へドリブルで持ち込みシュートを放つ。シュートはゴール右隅に飛ぶが中村選手がセーブしゴールを守る。

後半56分
三丸選手が、左サイドでボールを受けドリブルで清水陣内に持ち込む。ペナルティエリア付近までドリブルで持ち込み、江坂選手へスルーパスを送る。江坂選手が抜け出しシュートを放つがゴール枠を外れる。

【後半60分経過】
清水が点を撮りに来ているので清水が攻める展開が続く。清水の攻撃のテンポも良くなってきているので注意が必要。最後のところのパスやシュートの精度が悪いので助けてられている印象。56分の攻撃があったもののレイソルは受け過ぎな印象。柏レイソルとしてはもう少しボールキープし時間を有効に使いたいところ。

後半63分
柏レイソルにアクシデント。中村選手負傷により滝本選手へ交代。

後半64分
柏レイソルカウンター。三原選手のボールを受けた江坂選手が左サイドに流れた呉屋選手へ。呉屋選手がドリブルで持ち込みシュートを放つが、清水DFブロックでゴールならず。

後半71分
三原選手から江坂選手へ、江坂選手が左サイドに抜け出しグラウンダーのクロスを上げる。清水DFに当たりこぼれ球を戸嶋選手をシュートしゴールネットを揺らすがオフサイドの判定でゴールならず。(江坂選手がボールを受けたときにオフサイドだったようです。)

後半72分
柏レイソルカウンター。三原選手が自陣でボールを奪い、江坂選手へ、空いた右サイドのスペースに北爪選手が走りこんだ北爪選手にボールがわたりドリブルでペナルティエリア内に、北爪選手が切り返し再度江坂選手へボールを戻す。江坂選手が左足でシュートを放つが清水DFブロックでコーナーに。(レイソルらしいカウンターだった)

【後半75分経過】
後半60分までは清水がエンポある攻撃を繰り広げ柏レイソルとしては、我慢の時間だったが、後半60分以降は柏レイソルらしいカウンターも出来てきた。できれば数回チャンスのあったカウンターで追加点を取っておきたかった。

後半78分
スローインを受けた江坂選手がアウトサイドで左サイドの戸嶋選手へ。戸嶋選手がそのまま左サイドをドリブルで抜け出し、ペナルティエリア内の江坂選手へ。江坂選手はきれいなトラップからゴールを狙うがシュートはゴール枠を外れる。

後半84分
清水の攻撃。右サイドをパスで繋ぐ。竹内選手のクロスが古賀選手の手に当たる。判定はハンドだがペナルティエリア外の判定。(映像で見ると体はペナルティエリア外だが、ペナルティエリア内で手にボールが当たっているので、VARがあればPKだったか。これはジャッジリプレー案件か?)

後半87分
清水の攻撃。ペナルティエリア内でボールを受けたジュニオール選手が、三原選手をかわしシュートを放つ。シュートはゴールバーに当たりゴールを外れる。(柏レイソルとしては助かる。)

後半90分
清水のフリーキック。西澤選手のフリーキックに、カルリーニョス選手がヘディンで合わせゴールに。清水1点返す。2-1

ロスタイムは8分
お互い決定的なチャンスもあったが、そのまま2-1で試合終了。1点を守り切り柏レイソル勝利!

【後半総括】

  • 後半は連戦の疲れもあり少し動きが重くなった印象。そのため清水が攻める展開が続く
  • 1点失うも1点守りきり勝ち点3を獲得
  • 後半少し早い時間帯から守る時間帯が多かったので、最後はカウンターの中でもう1点取ればもう少し楽な展開になったと思う。
  • ただ、このコンデションで追加点を望むのは酷か

試合の感想

前半戦は、連戦の影響が少なくチーム状態通りの試合展開となった印象。

後半75分以降は、連戦の疲れの影響もあり、ほとんど攻められる展開が続いたが、それでも鋭いカウンターで反撃も出来ていたと思う。

清水のミスにも助けられたが1失点のみで守りきり、勝利できたのは良かった。

  • 勝点3を獲得
  • 呉屋選手、江坂選手のゴール。(ルヴァンカップに続き2試合連続ゴール)
  • 負傷者が多い中での勝利
  • 試合終了直前での失点(またしてもセットプレー)
  • ヒシャルジソン選手のイエロー(次節出場停止)
  • 中村選手の怪我(大きな怪我でないことを祈る)

上位チームについていくには、下位チームとの対戦となる本日の勝点は落とせない試合だったと思う。

また、オルンガ選手が不在での勝利、チームコンデション不良(負傷者が多い)中での勝利は、非常に価値のある勝利だと思う。

ルヴァンカップから実施している5-3-2のフォーメーションも機能しているように思えるので今後の戦いにもプラスになっている。

2試合連続ベンチ外のオルンガ選手ですが、ニュースを見ると不在の理由はオルンガ選手を休ませるという事だったらしいので少し安心しました。

早くも来週水曜日には、ガンバ大阪戦となります。状況としては、負傷者が多くかなり厳しい状況になっていますが、選手には頑張って欲しいです。

▶1ヶ月間無料トライアル実施中!Jリーグ観るならDAZNで。

ABOUT ME
taruta
taruta
柏レイソルとともに10年が過ぎました。これからも変わらず柏レイソルを応援していきたいと思いブログを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください